お知らせ & 裏山の晩秋風景

  s-20161101-140759 (2)


何度も訪問して下さった方、申し訳ありませんでした。
私は元気じゃないのですが元気です(なんのこっちゃ 笑)。

実は、医者の命令で今は出来るだけPCから離れて過ごすようにしていますので、ブログ更新はまだ無理です。

せめてブログに広告が入らないように月1の割合で写真をアップしていこうとは思っていますが、本格的に更新できるようになるのは来年の4月初旬頃になりそうです。

本当ならブログやランキングから一度抜けてしまうのが良い方法なんでしょうけれど、そうすると再び参加するのにまた時間をとられてしまいます。もったいない‥‥。(^^;

そんなわけで、お休み中は出来るだけ下位の目立たない場所にブログを置かせて頂くことにします。



          s-20161101-150907.jpg


(↑上の2枚の写真は2016年11月1日に、↓下の1枚は昨日の11月6日に、どちらも裏山にて撮影)


  s-20171106_160013 (3)

ヨーロッパ(海外生活・情報) ブログランキングへ


にほんブログ村

2017-11-07 20:50 : 【お知らせ】 :

ブログ仲間の皆さんへ お願い

  s-2013-09-24 088 (3)
  

今日はブログ仲間の皆さんにお願いがあって浮上してきました。

PCが不調なのでブログ更新は閉じて早めにお休みに入ったのですが、お休み中でもPCの調子のよいときを見計らって、訪問して下さった方には訪問返しをしてきました。

ですが、キーボードも打ち辛いのが増えてきたし、あれこれ調子の悪い時間が長くなってきています。

9月中旬までは何とか頑張るつもりでいたんですけれど、早めに断念した方がよさそうな雲行きです。

そこでお願いがあります。

次回からは私のブログへのご訪問、そして応援はどうぞお休みして下さい。

そうしていただくと順位もかなり下まで落とすことができますので、お休み中は下の場所(海底?)で「秋眠」が貪れます。(^^;

私の方でも訪問はお休みします。

もちろん復帰しましたら、まっ先にお知らせに伺わせていただきます。

その時にはどうぞ宜しくお願いします。<(_ _)>

それでは‥‥。


  s-20161028-134339 (2)

  

ヨーロッパ(海外生活・情報) ブログランキングへ


にほんブログ村

2017-09-06 09:43 : 【お知らせ】 : コメント : 1 :

ブログの更新をお休みします。

 s-2015-10-20 002 (3)
 (5日写真追加/朝まだきの村 2015年10月20日撮影) 

 




 s-2014-10-18 015 (2)
 (4日写真追加/私が裏山と呼んでいるユートリベルクから3年前の秋に撮影) 


 




 s-20161023-171510 (3)
 (秋雨に煙る「おらが村」の旧街道/去年の秋に撮影/今の私の心象風景?W)


お休みすることはこれまでにも記事の中で何度か示唆してきました。

いよいよ明日から入ります。(^^;

と言っても残念ながらホリデーではありません。

休む理由はいくつかあるのですが、その中でも最も重要な課題が、健康とPC問題。

前者の方の問題では9月下旬に病院のお世話になる予定です。それによって結果がどう出るか分かりませんので、復帰の日付は今のところ未定です。

それからPCの方の問題も大きいです。

今使っているのはもう古くてあちこちガタがきています。だましだまし使ってきましたが、物には限界があります。いつ壊れてもおかしくない状態です。

1年半ほど前に日本で新しいPCを購入したことは(いつだったか)このブログにも書きました。

ところがこれが、まだ使えていないのです(泣)。

問題が次々に出て来て私の手には、もう負えなくなりました。超がつくほどPC音痴なんです。

専門家の人ですら原因が分からない問題が出てきています。

ツキがなかったのかなと諦めかけていたのですが、やはりもったいない。(^^;

もしブログを続けていて或る日突然、いま使用しているこの古いのが動かなくなったら? パニックになるのはもう目に見えています。

それは何としても避けたい。

そこで、私の健康問題でお休みするのを機に、何とかして新PC問題も解決したいと考えています。

晴れて復帰できた日には、どうかどうかまた仲良くしてやってくださいませ。
 
<(_ _)>


それまでどうぞお元気で。


 (お休み後の私の心象風景↓ 笑)
 s-2014-04-14 010 (2)
 (3年前の春に「おらが村」にて撮影) 

ヨーロッパ(海外生活・情報) ブログランキングへ


にほんブログ村

2017-09-01 08:55 : 【お知らせ】 :

アニメ版『アルプスの少女ハイジ』再考察 

  s-2015-05-11 097 (3)



先日27日に新『ハイジ』実写映画のお知らせをしたばかりなので、この機会に便乗することにします。

今日は日本で制作されたアニメ版『アルプスの少女ハイジ』に関する過去記事(2014年8月11日)を再更新します。但し、修正版です。

長文なのでお時間のあるときにでも読んで頂ければ幸いです。
普段書く記事の、3日分くらいのボリュームはあると思います(笑)。

 s-2015-05-11 038 (2)


__________

(過去記事の修正版)
__________
今日のテーマには気難しい問題が含まれているだけに、書くのに神経を遣いそうですが、私のブログ趣旨「二つの文化の狭間で‥‥」にも通じるものがありますので、頑張って書いてみます。

実は世界的に大ヒットした日本のアニメ版 『アルプスの少女ハイジ』 は、スイスの教育関係者や知識人などには未だに受け入れられていないのです。

原作の重要なモチーフが歪められているという理由で、過去にも何度となく批判を浴びせられてきた経緯があります。スイス国内では一度もテレビで放送されたことがありません。

その重要なモチーフというのは「信仰」です。

原作には信仰に基づく会話文も少なくありません。
それから、教会に背を向けて人里離れた山のアルムで暮らしていた「おじいさん」が、ハイジと暮らすうちに再び教会に足を運ぶようになります。

めでたしめでたしで物語は幕を閉じるわけですが、ここでスイス人(若い人は時代が違うので除きますね)はホッと胸をなでおろすのだと思います。

インターネット時代に入るまでは、スイス人の70%以上が神の存在を信じていました(多分、欧州の国々ではどこも似たようなものだったのではないかな)。

ましてや作者のJ.シュピーリィが『ハイジ』を著した19世紀には、暮らしの中で信仰が占める割合というのは、誇張して言えば、百%を越えていたのではないでしょうか。

つまり、当時の庶民にとってはキリスト教を信仰し教会に属することで、精神的にも実生活の上でも暮らしの基盤が成り立っていたわけです。

それゆえに重要なモチーフである信仰が、かなり排除されている日本のアニメ『アルプスの少女ハイジ』は、もうJ.シュピーリィの作品ではないというのが知識人の見解でした(今でもそうでしょう)。

私は頭のてっぺんからつま先まで日本人です。ですから感情的には「この石頭!」と彼らの頑ななスタンスに苛立ちました。

その反面、スイスでの暮らしも決して短くありません。彼らの言い分も理屈の上では理解できるような気がします。

『アルプスの少女ハイジ』の制作者は、日本の子どもたちのために作ったアニメなので、宗教色はできるだけおさえたと言います。これも私にはよく理解できるのです。

例えば、私はキリスト教文化の中で育ってきた人間ではないので、信仰よりもクララが自分の脚で歩けるようになる場面をクライマックスにもってきた日本のアニメの方がよっぽど感動的です。

こうして私は二つの文化の狭間に立たされて考え込んでしまうわけです。

いずれにしても当初は日本の制作者側も、まさかこんなに世界中の子どもたちから愛されるアニメになろうとは想像だにしていなかったのではないでしょうか。

あっ、そうだ! 
実は私がスイスの知識人たちに、ぴったり賛成できる意見もありました。

セントバーナード犬です。

もちろん個人的には大好きな犬です。憧れます。
でも、それとこれは別です。

セントバーナードはスイスでもどちらかというと、お金持ちじゃないと買えないし飼えない犬に属します。

もし私がずっと日本で暮らしている人間なら、「あっ、スイスの犬だ!」程度に軽く受けとっておしまいに出来ると思います。

ですが、シンプルに暮らすスイスの庶民の暮らしぶりを知ってしまった今は、知識人と同じように私の目にもセントバーナード犬が浮いて見えるのです。

           s-s-2015-05-11 051 (3)

さて、そうこうするうちに、私もこの問題は殆ど忘れかけていました。

7月の或る日のことです(註/この元記事を書いた2014年の7月です)。
行きつけのカフェーで読んでいた(ドイツ語圏の)スポーツ新聞の記事が、再び私にアニメ版のハイジを思い出させてくれたのです。

その記事は丸々1ページも使った特集でした。スイス人のアンケートをまとめたものです。

アンケートの問いは「あなたが小さい頃にみたアニメの中で、心に残っている主題歌は何ですか?」。

で、6位に入っていたのが『アルプスの少女ハイジ』の主題歌だったのです。

アニメを観て感動を覚えたからこそ主題歌が印象に残っているわけですが、考えてみて下さい。子ども用のアニメなんて、それこそ星の数ほどもあるんですよ。その星の数の中の、更にトップ100の6位なんです。

しかも、このアンケートに答えた人たちが子供だった頃は、スイスではこのアニメ版は放送されていなかったのです。にもかかわらず6位なんです。

もちろんスイスで放送されなくてもお隣の国々で繰り返し放送されていたので、スイスに住んでいる人でも観ることはできました。

観ることはできましたが、しかし知識人の辛口評価を押しのけての6位というのは、やっぱり凄いことだと思います。

但し、最後に一つだけ付け加えておきます。
子どもが小さいころ一緒に観て好きになったという女性シニアも、セントバナード犬だけはハイジとおじいちゃんにはミスマッチだと答えていました。
*********

こんなに長々と書くつもりはなかったのですが、どうやら少し熱くなってしまったようです。(^^;

この辺でキーボードを置いて更新することにします。

ここまで読んで下さった方、心からありがとう!




 s-2015-05-11 052 (2)
 (今日の写真はすべて2015年5月11日GR州にて撮影)

ヨーロッパ(海外生活・情報) ブログランキングへ


にほんブログ村

2017-08-31 07:14 : 【ハイジの世界】 :

またもや昨夜は失礼しました。

 s-2015-10-20 007 (3)
 (朝の始まり)



いやはや(こちら時間の)昨夜の睡魔は猛烈でした。

ホンのちょっと前まではゲンキな頭でキゲンよく書いていた私の目の前に、突然ドシッと睡魔が飛び降りてきたのです。そのとたんに‥‥。

昨夜更新した記事には2枚の写真だけが貼り付いています。この2枚の間には長ーい過去記事が入っていたのです。

最初その過去記事に小さなほころびをみつけたので、それを繕いました。
そしたらあっちが引っ張られて、あっちにもほころびが。
それを繕っていたら、こっちにもほころびが(笑)。

記事が穴だらけになってしまったので、こりゃちょっと時間がかかりそうだぞと
思案しているところへ睡魔がドシッ!

「お呼びでっか?」
「呼んでへん呼んでへん。呼んでへんってぇ!」

まさか、ほころびだらけの記事を更新するわけには行かない。
とここまでは意識の範囲内で考えることが出来たのですが、その後がオボロ。


ところが‥‥。すごい! 今日になってチェックしてみたら、ちゃんと記事を抜き写真2枚だけを置いて更新してある!

覚えていません。
ということは、夢の中でやっちゃったわけ?
およよよ。これって一種の夢遊病?(^^;

確かハイジもフランクフルトでかかったんでしたよね(笑)。
 
でも、ホッ! 穴だらけの記事を載っけなくて♪


それにしてもワタシ、一体いつになったら休みに入るんだろう(?_?) 
夢遊病にブログ中毒。忙しいこった(笑)



ヨーロッパ(海外生活・情報) ブログランキングへ


にほんブログ村

2017-08-28 22:36 : 【雑記】 :
ホーム  次のページ »

マイ・ブログの趣旨

『二つの国の文化や習慣の違いを ユーモアとアイロニーにプラスαを加えて綴る、マイ・スイス暮らしの記録』 ‥‥‥‥‥‥‥と大義名分を掲げてはみたものの、ブログ主の笑分から言って、多分、笑動的に話が脇道に逸れてしまうことの方が多くなるような気がする。 (^^;

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR

RSSリンクの表示

人気