業務連絡です。(^^;

追記1(スイス時間/20日07時30分)

ブログ仲間のtoko様より情報をいただきました。
以下にコピペさせていただきます。
tokoさん、どうも有難うございました!
************
現在FC2がSSL化を順次メンテやってるからです!
多分拍手数に入ってると思います気にしないで下さい!
************
これから出かけますので、PCの前に座るのはスイス時間の昼食後になります。
______________

追記2(スイス時間/20日21時40分)

「拍手」が機能するかどうかのチェックも兼ねて、FC2仲間の皆さんのブログを訪れてみました。

パーフェクト! もう大丈夫です。これにて一件落着。

拍手! (^^)





s-20170122-162754 (2)
  (撮影は2017/01/22 近所の村にて)



私が気が付いたのは2日ほど前なんですが、FC2の拍手がうまく機能していないように思うのです。

と言っても、拍手を設置してある全てのブログに当て嵌まると言うわけではありません。

正確な数字は調べていないので分かりませんが、この2日間の私の印象では三分の一ほどの割合で機能していないと思います。

機能していない方の拍手はクリックしても数字が出ず、左上の方に「Page not found  ご指定のファイルが見つかりませんでした」と表示が出るだけです。

三分の二くらいの拍手は、これまで通り正常に数字が出ます。

疑問に思うのは、同じ拍手機能でもちゃんと作動するのとしないのがあるのは何故?ということが一つ。

もう一つは、私が試してみて機能しない拍手でも、昨日から今日にかけて少し数字が動いているのもあるのです。

ひょっとしてPCにも人の好き嫌いがある?(笑)

もう一度いいますが、三分の二ほどは私がクリックしても、これまで通りちゃんと拍手数が加算されるのです。

私自身は「拍手」を設置したことがありませんし、これからも多分設置しないだろうと思いますので、ご自分のブログの拍手数が変だと思われる方がいらっしゃいましたらご自身で問い合わせてみてください。

もしご存知の方がいらっしゃいましたら、コメント欄か右下にあるメールフォームを通して教えて下さい。記事の方に転載させていただきますので。



ヨーロッパ(海外生活・情報) ブログランキングへ


にほんブログ村

2017-02-20 05:50 : 【お知らせ】 : コメント : 8 :

撮りたて 土曜日の「おらが村」

  s-20170218-165455 (2)
  (今日の写真はすべて2017/02/18「おらが村」にて撮影)






この冬は霧が一日中、べったり張り付く日が例年よりも多かったのですが、春が近づいてきたのでしょうか。早朝は地面を這うように蠢いていた霧も、午後にはすっかり消えてしまい、穏やかな青空が広がりました。





9時半にうちを出てバス停へ。早朝よりは見通しもよくなりましたが、それでもご覧の通りまだまだ村は霧の中。
            
          s-20170218-105529 (2)


  


  出て来た出て来た、霧の中からバスが!  
  s-20170218-105824 (2)

          



          雨球ではありません。霧が残していった滴です(笑)。          
          
          s-20170218-105323 (2)






午後に入ると霧はあっという間に消えてしまいました。本当にあっという間。
間近にみる霧の動きの速さにはいつも驚かされます。


  s-20170218-170551 (2)

  

  s-20170218-171158 (2)






  裏山ことユートリベルクも、くっきりと見えます↓

  s-20170218-170800 (2)

ごめんなさ~い。(こちらの)シンデレラ時間が迫ってますもんで、尻切れトンボのままで失礼します(笑)。


(追記)
日本時間の07時59分(スイス時間23時59分)に記事を飛ばしたはずなのに、08時10分になっても更新されない。なぜだ?

タハッ、下書きのままになっていました。(^^;





ヨーロッパ(海外生活・情報) ブログランキングへ


にほんブログ村

2017-02-19 08:18 : 【写真/おらが村・隣り村】 :

欧州色分け気温図(17/金)

  s-2013-02-10 003 (2)
  (2013年2月10日「おらが村」にて撮影。
  この年は結構雪が多かったように思います。)




チューリヒ州ではただ今「スポーツ休み」の真っ最中。皆でスキーに出かけている学校も少なくありません。

今週は2000mあたりでも雪が解け始めたところがあったりしてヒヤッとしましたが、今日は平地では雨、山岳地方では恵の雪が降ったようです。

ただ今、16時(日本時間では午前0時)ちょっと前。うちの村の気温は雨天なのに8度近くもあります。


          今日(17日金曜日)の↓ヨーロッパ色分け気温図



            s-20170217-164335 (2)
            (無料新聞「20minuten」の紙面より)

               何とか17日の更新に間にあったようです(↓下の時間を参照)。  
               それにしても最近はギリギリ飛び込みが多すぎます。
               事故を起こさなければいいんですけど‥‥。(^^;
                                   

ヨーロッパ(海外生活・情報) ブログランキングへ


にほんブログ村

2017-02-17 23:59 : 【気象・風景写真】 :

「困ったよ、孫が日本人女性にお熱なんだよ」

  s-2014-04-14 026 (2)
           



1週間ほど前の話になる。

隣り村で買い物をすませバスに乗り込んだ私に、こっちにおいでと手招きをする人がいた。

同じ村に住んでいる知り合いのおばあちゃんだ。

彼女のことは以前このブログにも書いたので、よろしかったらこちらで⇒(『財布も定期も忘れてバスに乗った私を助けてくれた おばあちゃん』)。

その後も停留所で顔を合わせる機会が何度かあって、当時よりも親しくなっていた。

手招きに引き寄せられて横に座ると、彼女は挨拶もそこそこに切り出した。

「孫が昨日、日本へ飛び立ったんだよ」。眉が寄っている。

私はてっきり転勤だと思った。彼女の顔が曇っているのも、寂しさからきているのだろうと解釈したのだ。

「何年日本で働くの?」

「えっ?! いや、そうじゃないんだよ」

彼女は一つタメ息をついた。

「困ったよ。私の孫が日本人女性にお熱なんだよ」

「えっ?!‥‥」

こんな小さな村に住むお年寄りからそんな返事がかえってこようとは思いも寄らなかったので、二の句が告げられなくなってしまった。

少し間をおいて恐る恐る言ってみた。
「今は、ただ成り行きを見守るしかないと思いますよ」

「そうだよね。そうなんだよね」
そう言うと、彼女はまたタメ息をついた。

私は口をつぐんだ。
が、つぐんだその内側では言葉が激しく飛び交っていた。

【おばあちゃんがこの恋に反対なのは、もう一目瞭然だ。

でも何でだ? 理由は何なんだ? アジア人だからか?

だけどそれを訊いたからと言って、どうなるんだ? 興味本位で訊くのだけはやめようね。

いや、待て待て。日本人として、反対理由くらいは聞いてみたっていいんじゃない?

いや、やめとこ。日本人の私を前にして、彼女も本当のことは言い出しにくいだろうし‥‥】


バスが村の停留所に着いた。

「それでもやっぱり、好い一日を過ごして下さいね」

私は分けの分からん言葉をかけて、おばあちゃんと別れた。


うちに帰ってきて買い物を所定の場所に置きながら、友達のことを思い出していた。

彼女も私と同じで夫はスイス人。この国で暮らして来た年数も私とほぼ同じである。

違うのは父親から結婚を猛烈に反対されたことだ。

「ガイジンとの結婚は絶対に許さん」と烈火のごとく怒ったらしい。

恋人(今のご主人)が日本に飛んできて彼女と二人で説得に説得を重ねるうちに、父親の心境にも変化が起きてきたという。




彼女のケースを思い出していたら、村のおばあちゃんもいつか私に穏やかな表情を見せてくれる時がくるような気がしてきた。


或る日バスに乗ったら、おばあちゃんから「こっちへおいで」と手招きされて、行ってみたら、桜の蕾のような曾孫をみせられたりするかも知れない。(^^;


        


        


         s-2014-04-13 011 (2)
         桜の花 / 種類はきかないで(笑) 
         (今日の写真は2枚とも2014/04/14隣り村で撮影)

ヨーロッパ(海外生活・情報) ブログランキングへ


にほんブログ村

2017-02-16 07:56 : 【エッセイ/二つの国の狭間で】 :

キュートなハートの花は正に今、2月が植え頃

  s-2015-04-29 049 (2)
  (今日のトップの写真は記事とは関係ありません。2015/04/29撮影)
******************



本当ならこのテーマは昨夜の記事の中で書いてしまいたかったのですが、例の如く睡魔のお出迎えにあって、おじゃんに。

(蛇足/「おじゃん」ってうちの方の方言だと思っていたのですが、共通語だったんですね。知らなかった。)


さて、もう一度昨日の花に登場してもらいます。
写真は昨日と同じではありませんが、撮影日はいっしょで2015年5月2日。



  s-2015-05-02 156 (2)

この花を初めてみたのは2014年の5月中旬でした。好天に誘われてコンデジ片手にブラブラ歩いていたときです。

ピンク色の小粒の花が一列に並んで、垣根の間から通りに顔を突き出しているのが目に飛び込んできました。

何て愛らしい花なんだ! 

私はそこにしゃがみこんで見とれてしまいました。

この時ふと思い出したメロディーが「ドレミの歌」。
私には花たちが手をつないで、楽しそうに歌っているように見えたのです。

早速うちに帰って花の名前を調べてみました。

なんとドイツ語では「涙のハート」と命名されているではないですか。
「ドレミの歌」とはエライ違いです。やはり、涙&ハートとくれば「失恋」という言葉が頭に浮かびますものね。

次に英語の名前ですが、これは強烈。
「bleeding heart」、血まみれのハートですって! 
さすがイギリス。サスペンスドラマにでも使えそう(笑)。

イタリア語やフランス語の名前は「マリアのハート」。ラテン系らしい名前です。

それでは日本語の名前は?

インターネット花図鑑によれば、正式名は「ケマンソウ」ですが、通称は何と「鯛釣り草(タイツリソウ)」。 

そうかぁ。我々の祖先は、この花を「鯛」とみましたかぁ。

メロドラマでもサスペンスドラマでもラブストーリーでもないところが日本人っぽいといえば日本人っぽい(笑)。 


驚いたのは原産地です。

何と中国東北部から朝鮮半島なんだそうです(イメージが合わんぞ w)。
日本には室町時代に渡来。

特性はまず寒さに強い。日陰でも育つ。初心者でも育てやすい。

育ててみようと思われる方は、一度園芸店で尋ねてみて下さいね。

多年草で、普通は2月に植えて、4月~5月に開花。
まさに今が植え頃らしいです。

但し、食べられません。それどころか誤食したら、神経系に強く作用するらしいので、注意しないといけません。

そういえば、すずらんも可愛い花ですが、毒があるんでしたよね。


  下の写真↓は珍しい。一番右が蕾。次が5分咲きくらいかな。左側は満開。
  まるで教科書のような並び方をしています。(^^;

  s-2015-05-02 157 (2)


ヨーロッパ(海外生活・情報) ブログランキングへ


にほんブログ村

2017-02-15 07:55 : 【花・果物・樹木】 : コメント : 0 :
ホーム  次のページ »

マイ・ブログの趣旨

『二つの国の文化や習慣の違いを ユーモアとアイロニーにプラスαを加えて綴る、マイ・スイス暮らしの記録』 ‥‥‥‥‥‥‥と大義名分を掲げてはみたものの、ブログ主の笑分から言って、多分、笑動的に話が脇道に逸れてしまうことの方が多くなるような気がする。 (^^;

カレンダー

01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR

RSSリンクの表示