「お客様は神様」の背後霊がいまだに頭をもたげてくる。(^^;

          s-2015-10-08 044

          

          s-2015-10-08 042
          (写真は2015/10/08 コンデジで撮影)


************
或るスーパーから割引券が郵送されてきたのは1カ月ほど前のこと。

うちの地下室の物置用に欲しいと思っていた商品が、30パーセント引きだというのでこの際、買うことにした。有効期限は9月30日までだ。

このスーパーのどこの支店でこの商品が買えるのか皆目わからなかったのだが、そんなことは訊けばすぐに教えてもらえると簡単に考えていた。

そんなわけで隣り村の支店で訊いたのが、ギリギリの29日。そう一昨日。


「さぁー、どこにあるんだろう? 私、知らないのよね」と若い店員。

そこへ年季の入った男性店員が通りかかったので「これどこで売っているか知ってる?」と尋ねてくれた。

「いや~、しらんなぁ。□□支店で訊いてみれば」
そこはチューリヒ市の端っこにある大き目の支店で、私も時折り訪ねるので場所は知っている。

その足でバスに乗って□□支店まで出向くことに。

レジーの人に割引券を見せて訊ねると、ないという。その上、どこに行けば買えるかまでは知らないという返事。

簡易インフォメーションセンターに行ってみたが、同じ答えが返ってきた。

だけど不親切というわけではないのだ。一生懸命けんとうをつけようと、あれこれ考えてくれるのだ。

そこへ上司とおぼしき年配の女性がやってきた。
「あ~、これ、○○支店にありますよ」

またもやその足で○○支店のある町へ走る。
いや、この町は市内ではなく州の端にあるので、走ってくれたのは列車だけど。(^^;

町に着いて反対方向に出てしまったもんだから時間は余分にかかったが、どうにか○○支店に辿り着けた。


「ここにはないです。▽▽町の支店のDIY(日曜大工)売り場ならあるでしょう」

その場に座り込みたくなった。ここから▽▽町へは1時間では行けない。
そんなに時間をかけて行ったとしても、確実にそこにあるという保証はないのだ(‥‥ということに、おめでたい私はようやく気が付いた W)。

蚊のなくような声で「行ってみます」とは言ったものの、もう買う気力なんぞ完全に失せてしまっていた。

駅前のベンチにセミの抜け殻のように体を置いて、人の流れをボーと眺めていた。

20分くらいはそうしていただろうか? 再び体の芯に元気ホルモンが流れだしたのが分かった。

「まっ、いいか。これがなきゃ生きていけないというわけじゃあるまいし」

私はまたセミの殻を着て駅のホームに向かったのだった。(^^;

**************

日本で暮らしている人には信じられないことだと思うが、こちらでは似たような例はよくあるのだ。

要はこっち流にやればよかっただけのこと。
このスーパーのオフィスセンター(この割引券を発行したセクション)に電話で訊くなりメールで問い合わせるなりして、最初っから自分でやるべきだったのだ。

どうも私には他者を頼り過ぎる‥‥というか、信頼しすぎるキライが、いまだにこびりついているようだ。

(別の見方をすれば)いつまで経っても「お客様は神様」の背後霊が、ひょいと頭をもたげてくるのである。いかんいかん。(^^;


****************

s-2015-10-08 023
(2016/10/08 撮影)

ヨーロッパ(海外生活・情報) ブログランキングへ


にほんブログ村

2016-10-01 19:50 : 【暮らし】日々の生活の中で :

初秋の彩 in おらが村

s-2015-10-04 011

(裏山こと、ユートリベルクの鉄塔にかかる雲の傘。2015/10/03撮影)



参考までに。
下の写真は先週の土曜日(24日)にユートリベルクの鉄塔の前で撮影した一枚。
私も男なら、彼のように裸になりたかったほど日差しの強い一日でした。

s-DSC02141.jpg  



さて今日で2016年の9月も終わりです。

(スイス)気象庁の発表によると、今年はレマンコ周辺とティチーノ州の一部で観測史上もっとも暑い9月を記録したようです。その他の地方でも例年より夏日の日が多かったとか。

だけどやっぱり季節は巡ってくるのです。
来週からは10月に相応しい気温になるらしいので、この山国にも秋が駆け足で舞い降りてきそうです。

今日は私の村と周辺の村で去年の10月3日に撮影した、初秋色の風景を数枚アップしておきたいと思います。


s-2015-10-03 011




s-2015-10-04 019




s-2015-10-03 036





s-2015-10-03 010





s-2015-10-04 040




ヨーロッパ(海外生活・情報) ブログランキングへ


にほんブログ村

2016-09-30 09:03 : 【写真ブログ】おらが村&隣り村 :

スーパーの無料ビニール袋が もうすぐ5ラッペン(約5円)に

         s-DSC01830.jpg



スーパーの無料ビニール袋が有料になることは、すでに春頃から噂で聞いていました。

その有料化が間もなく始まりますが、どうやら今年はスイスの2大スーパーだけが踏み切るようです。

Coopが10月24日(月)から、Migrosは11月から(日にちは不明)。

で、2018年にはすべてのスーパーが有料になるように順次予定が組まれていくようです。

実は4年ほど前の2012年に、政府はスーパーの無料ビニール袋を全面禁止にすることを提案していたのです。

ところがこの案には予想以上の批判が集まり、政治家も人気商売だけに(笑)、結局は案を取り下げることになったようです。

一挙に全面禁止というのはちょっと困りますが、今回の有料化なら私も賛成です。環境汚染を少しでも食い止めるためには必要な第一歩だと思います。

正直言うと、これまで私はスイス人よりも無料ビニール袋を多めに使ってきました。

多分、私だけじゃないと思います。日本人は几帳面で清潔好きなところがあるので、ちゃんと仕分けてからリュックに入れないと気が済まない人が多いんですよね。(^^;

その点、スイス人は大雑把です。大きな買い物袋に何もかも、ドサッ、バサッ、ガサッと入れて行く。ごちゃごちゃにならへんか?と心配してあげたくなりますが、スイス人は全然平気みたいです。

私の夫も滅多なことではビニール袋を使わない人です。なので一緒に買い物に行くと、「ちょっとその大根、ビニール袋に入れてーな」などと私が文句を言うもんだから、いつもいやがられます。(^^;


私が買い物をする隣り村のスーパ・Migrosは、夏の間、修理修繕拡張のため工事をしていました。

で、新規オープンした時に、レジーのこれ↓をみて「ハハ~ン」と思いました。


        s-DSC02226.jpg

そうです。以前はこういう↓丸い穴があって、そこから無料のビニール袋を取り出すことができたのですが、これは↑「のっぺらぼう」です。

        s-DSC02227.jpg




そこで、有料になったらここから↓必要な数だけビニール袋を取り出して、買った商品と一緒にベルトコンベアに乗せます。 但し、他の支店の場合はどこにこの穴を取り付けるのか分かりませんので、これは↓一つの例としてご紹介します。

        s-DSC02228.jpg


野菜や果物売り場にある、空気穴のあいた透明なビニール袋は、これからも無料だそうです。
今日は「水もしたたるいいサラダ」(笑)をこの↓袋に入れて持ち帰ってきたので、水滴がついたまま写真を撮りました。あしからず。

        s-DSC02232.jpg

       

        s-DSC01704.jpg


ヨーロッパ(海外生活・情報) ブログランキングへ


にほんブログ村

2016-09-29 07:45 : 【暮らし】衣食住・他 :

猫の形の大根おろし

        s-2014-09-28 055
         (2014年9月28日に撮影)

******************

         
お見事!

リンクを貼らせてもらいますので、まずはこちらの写真をご覧になってください。

一瞬(本当に一瞬だけですが)本物の子猫かと思いました。(^^;


サンマは私の大好物。脂ののったサンマが食べたくて、昔はそのために一時帰国の日程を秋にもってきていたくらいです。

特にサンマの刺身の美味しさには何度舌がとろけそうになったことか。もちろん炭焼きサンマを抜きにしては、私の日本の秋の食は語れませんが。

さて、この猫の大根おろし、私も一度トライしてみます。

「cookpad」のサイトには「キティちゃんおろし」もあります。
このキティちゃんおろし、小さなお子さんには大受けするでしょうね。

cookpadさんは、「気に入ったレシピはいつでも探せるように保存しましょう」と勧めて下さってますので、お言葉に甘えて保存させていただきました。ついでに下の写真も一緒に。(^^;



            s-132e9fe630ce76ca2f7340155138b90a.jpg

「cookpad」のレシピをご覧になりたい方はこちらをどうぞ。







s-2014-09-28 049

ヨーロッパ(海外生活・情報) ブログランキングへ


にほんブログ村

2016-09-28 08:42 : 【暮らし】衣食住・他 :

私が癒される村 ゴルツェルン(写真アルバム)

s-DSC03028.jpg


1か月ほど前に予告記事『ひっそりと佇む山あいの美しい村』を書いたのですが、もたもたしているうちに写真集のアップが今日になってしまいました。

写真はすべて2016年8月24日、夏に撮影したものです。(^^;


この村は海抜1400mの山あいにあるので、山も森も湖も今ごろは、もう秋の色に包まれていることでしょう。

黄金色に染められていく村の風景も美しいだろうな、きっと。




s-DSC02992.jpg




s-DSC01748.jpg





s-DSC03033.jpg




s-DSC03052.jpg





s-DSC01741.jpg 





s-DSC03011.jpg




s-DSC03034.jpg







s-DSC01809.jpg





s-DSC03004.jpg








ヨーロッパ(海外生活・情報) ブログランキングへ


にほんブログ村

2016-09-27 08:48 : 【写真ブログ】(1)スイスの旅 :
ホーム  次のページ »

マイ・ブログの趣旨

『二つの国の文化や習慣の違いを ユーモアとアイロニーにプラスαを加えて綴る、マイ・スイス暮らしの記録』 ‥‥‥‥‥‥‥と大義名分を掲げてはみたものの、ブログ主の笑分から言って、多分、笑動的に話が脇道に逸れてしまうことの方が多くなるような気がする。 (^^;

カレンダー

09 | 2016/10 | 11
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR

RSSリンクの表示