日本語の裏と表

 
 s-DSC01356.jpg
 「ボクらには表も裏もないよ。今この瞬間があるだけさ」(ご近所さんちの猫)




今日、古い雑記帳をめくっていたら、第一生命が募集した『サラリーマン川柳』の走り書きが出てきた。


【電話口「何様ですか?」と聞く新人】


実はこれ、笑わせてもらったあとに考え込んでしまったのだ。

新人くんが電話口の相手に本気でこう尋ねたからこそ、そこに笑いが起きるわけだけど、しかしどうだろう。

もしこの新人くんから、「私はきちんと『様』の敬称をつけています。なぜそれがいけないんですか?」って訊かれたら、あなたはどう説明するだろうか?

普通なら「どちら様ですか?」と尋ねるところだが、しかし待ってくだされ。

一体いつ頃から「何様ですか?」が裏の意味としてつかわれるようになったんだろう? 

で、私もいつ頃これが裏の意味だということを知るようになったのだろう? 

考えてみれば不思議。子ども時代、このような裏の意味が友だちの間で話題になったという記憶がないからだ。

おまけにうちにはずっとテレビなんてなかったし、ラヂオはあっても子ども時代には聞いたことすらなかった。

もっぱら遊びは外、海か山だった。毎日毎日走り回って飛び回って遊びまくった。クタクタになるまで遊ぶので、夜はいつも爆睡。

たとえその日、仲間にいじめられたとしても、相手を恨む気力も体力も残っていなかった。

石のように眠りこけるから翌朝目を覚ますと、もう頭には恨み節も浪花節もかつお節も残っていない。

何て健康的な暮らしをしていたんだろう>子ども時代の私!

おっとっと、横道にそれてしまった。

          *****閑話休題*****


中国の或る日本語学者が、日本の大学で日本語の研究をし始めた頃のエピソードをここでひとつご紹介。

その日も彼は、いつも立ち寄る小さな八百屋で買い物をしていた。

その日初めて店のおばちゃんが訊いてきた。

「あんた、あっちの人?」

彼は即座に答えた。
「はい、そうです。そこの信号をあっちに渡って、3軒目のアパートに住んでいます」

しかし、こういう日本語って難しいよね。日本人にはすぐ分かる。けど外国人には言葉のしっぽが掴みきれない。

ここでの「あっちの人」は言ってみれば隠語だから、学校では教えてくれない。

ここでも不思議に思うのだが、いつ頃から私はこんな裏の意味を裏の意味として正しく(笑)認識できるようになったんだろう?


先ほどの川柳、【電話口「何様ですか?」と聞く新人】の話しに戻るが、恐らくこの新人くんは、「何様」とか「貴様」の裏レッスンの機会を持たずして大人になってしまったのではないだろうか?

学校から帰ると、うちに籠もりっきりになってク○真面目に表の日本語ばかり猛勉強していたのかも知れない。(^^;



 


 「今日はこの裏通りにでも行ってみるかな」
 
 s-20180703_145953 (3)

       

ヨーロッパランキング

2018-11-10 09:29 : 【雑記】 :

豊かに生きるには モチベーションやハングリー精神が不可欠

 s-20181104_163048 (2)
 (2018/11/04 うちの村で撮影)


昨夜はブログの記事を書くエネルギーが蒸発してしまって、写真をベタベタ貼り付けただけで終わってしまった。(^^;

写真をアップしたときには確かに記事を書く意思はあったのだ。

だが、テニスATPマスターズ1000の準決勝、フェデラーVsジョコビッチ戦が終了したときには、もう燃えカスしか残っていなかったのである。



負けはしたが、フェデラーにあんな好プレーを見せてもらったのはホント、久しぶりのことだった。

ミスが多かったけれど、何と言ってもサービスがよかった!(タイブレのWフォルトはなかったことにして 笑)

彼、バーゼルでは優勝したものの、試合内容そのものは冴えなかったように思う。

しょうがないな、歳だもの。

半分あきらめながら、私は母親目線で観ていたのだ。

それだけに今回の錦織戦でギアを上げてきたときには、ドキッとさせられた(ごめんよ、錦織くん)。

普通あの歳で、しかもバーゼルからの連戦であんなに質の高いプレーはなかなかできない。

「百勝」というご褒美が目前にあったから、彼はあんなにも集中することができたのだろうか?(私は百勝がモチベーションの一つにはなっていたと思っている)。

ATPツアーだから3セットマッチではあるが、しかし両者(フェデラーとジョコビッチ)のあの試合への神経の使い方はハンパではなかったように思う。3時間の死闘と言ってもいいほどだ。

フェデラーの疲労は言うまでもないが、ジョコビッチの疲労も私の想像を遥かに超えていただろうと思う。

だからかどうかは分からないが、今日の決勝戦では集中力がかなり欠けていたようにみえた。


テニスにはテクニックも強靭なメンタルも不可欠であることは言うまでもないが、こんにちの世界級のトップクラスで勝ち抜いて行くには、それこそ火の玉のようなモチベーションとハングリー精神が必要だと私は思う。


でもこれはテニスだけではないよね。我々の人生にも言えることかも知れない。

豊かな人生にするには、やはりモチベーションになる何かが絶対に必要だし、同時に変に満たされてしまっては、つまり精神がメタポになってしまっては次の一歩が踏み出せなくなるのでハングリー精神も必要だと思う。


ただし、火の玉級のモチベーションやハングリー精神は、ちょっと考えた方がいいかも‥‥。

扱い方を知らないと、自爆の可能性がかなり大きいと思うので。(^_-)-☆



 s-20181104_155732 (3)
 (こちら時間の今日の日曜日に撮影)




ヨーロッパランキング

2018-11-05 08:03 : 【雑記】 :

女性が皆、美人に見えた 初めての日本訪問

※今日から冬時間。日本の午前0時がスイスでは前日の午後4時になります。
この時間までに帰宅するのはキツイ日が多くなると思います。よろしく)。


  s-20171027_180017 (3)
  (今日の写真2枚は「おらが村」にて去年の晩秋に撮影)



************************


          『女性が皆、美人に見えた 初めての日本訪問』


私の夫が初めて日本を訪れたのは、もう40年近くも前のことになる。

それまでは東南アジアにしろ東アジアにしろ、アジア方面にはこれっぽちも興味を持ったことがなかったという彼。

それだけに成田に上陸後の1週間は、意識がぐにゃっとヒン曲がるほど強烈な印象を受けたという。

日本に付いての予備知識など殆どゼロに近い頭でやってきたのだから、それも充分あり得るだろう。

当時はインターネットなどあるわけがないので、日本のことを知る人などまだまだ少数派。相変わらず、東の果てにあるミステリアスな国として位置づけられていたように思う。


あっ、そうそう。まだ私のスイス暮らしが始まったばかりの頃、こんなことがあったっけ。

チューリヒ市の中心街からトラムに乗りこんだ私を一瞥した酔っぱらいが、私に向かって連呼し始めたのだ。


「フジヤーマ・ゲイシャ、わははは。フジヤーマ・ゲイシャ、わははは」


当時はまだそんなイメージの残骸を引きずっていた時代だったのである。


さて、夫が初めての日本訪問時に東京の街を歩いていて、まず一日目に驚いたことが二つあったという。

一つは、お年寄りを殆どみかけなかったこと。

そう言われてみて私も初めて気がついた。今と違って当時のお年寄りたちにとっては、自由に外活動をするような習慣や余裕がまだなかった時代だったように思う。

私も知らず知らずのうちに、そんな東京の街の光景に慣らされていたからだろう。最初のうちはチューリヒの街やカフェにお年寄りがやたら多いのに大いに戸惑ったものである。


夫が驚いたことのもう一つは、これだ。

若い女性の顔がみんな同じように見えて見分けがつかなかったこと。それも皆、美人に見えたらしい(笑)。 

やっと5日目辺りから「美人だけじゃない、不美人も結構いるのだ」という現実が見えるようになってきたという。(^^;


実は私にも似たような経験があるのだ。

スイス暮らしの前半はだいたい隔年に一時帰国をしていたのだが、あるとき4年間も帰らなかったことがある。

それだけの間を空けて東京の街を歩いてみると、日本人の私ですら日本の若い女の子たちの顔がみんな同じように見えてきて、すぐには見分けがつかなかった。

そう言えばスイスに住み始めた頃も似たような経験をした。

どのお年寄りの顔もそっくりなのだ。

それも尖った顔で皆ムッツリしているので、魔法使いのおばあさんに見えてきて、通りを歩いていてもカフェでコーヒーを飲んでいても、落ち着かなかったのを覚えている。

だって魔法使いのおばあさんに、じっと射るような目線でみられてごらんなさい。
震え上がるよ、最初のうちは(笑)。

_____________________





  s-20171027_180233 (3)



 




ヨーロッパランキング

2018-10-28 07:52 : 【雑記】 :

睡魔に脚を引きずり込まれながらも ブログの更新(z_z)


  s-2015-10-25 022
(今日の↑トップとラスト↓の写真は、どちらも2015年10月25日隣り村にて撮影。この年の秋は駆け足でやってきました。)

*****************************

逆風も、逆から見れば順風だよね。

これは10年ほど前の、或る企業のコピーライトです。

こういう風にホンの少し視点を変えられる人って素敵だね。






下はインターネットの大海に浮上していた名(迷)言。

これ↓実に言い得て妙だと私は思うなぁ。(^^;





女の恋は上書き式  男の恋は保存式

******************************







  s-2015-10-25 004 (2)


ヨーロッパランキング

2018-10-27 08:18 : 【雑記】 :

10/20の記事に寄せられたコメント

  s-20171022_123421 (2)
   (2017年10月22日 うちの村にて撮影) 




10月20日の記事『‥‥私はしどろもどろ』に、ブログ仲間さんからコメントが寄せられました。

コピーをして、こちらにも貼り付けさせてもらいます。

         

s-20161022-144251 (3)
(2016年10月22日 近所の村にて撮影)



系さん、そりゃ、しどろもどろ!

私も似たような経験があります。

日本人と結婚したウィーンっ子、
このウィーンっ子のご家族と同席して
結婚の経緯のお話になり、
皆さん声を揃えて 「だって、日本人よ!?」
(当然反対しました)って

私に面と向かって言われてもねぇ(笑)




オーストリアでもやっぱりあるんですか。(^^;


私が初めてこの「洗礼」を受けたのは、チューリヒ市内の一軒家に住んでいたときだったんですね。

北側の隣家にはシニア夫婦(我々夫婦はまだ若かったW)が住んでいたのですが、そこの奥さんにこれをやられたことがあります。

あるアジア人女性のことでカチンときていた奥さんが、私に向かって愚痴りました。

「本当にアジア人は、どうしようもないんだから」

かと言って奥さんがアジア人の私を嫌っていたかというと、いえいえ、むしろ逆だったと思います。

ケーキなんか作ると、いそいそとうちに持ってきてくれましたし、夏にはガーデンパーティも一緒にやりましたし‥‥。大げんかもしましたけれど(笑)。


私の経験内でとお断りした上で言いますと、ある程度親しくなってきた時に、人種に絡んだ何かがその人の周りで起きると、こういう奇妙なことになる可能性があるんじゃないかと‥‥。

何だか歯切れが悪くてごめんなさい(笑)。

もちろん、相手に気配りをした上で発言する人の方が、こちらでもずっと多いと私は思います。

日本人の場合はほとんどの人が「親しき仲にも礼儀あり」をわきまえて発言しますので、こういうトンチンカンな問題は起きないですよね。私もそう心がけています。

がぁーーー、例外もあるのです。


夫です。

スイス人の彼に面と向かって、「何よ、スイス人はー!」と愚痴ることが私にはよくあるのです。

夫からどんな言葉が返ってくると思います? 



「ほんとうだね」


あはは、こう言われれば、もうお手上げです。次の言葉が出せなくなりますもの。

夫の方が一枚うわてです。(^^;



コメントをどうも有難うございました。



  s-20171022_151315 (3)
  (2017年10月22日 うちの村にて撮影)


ヨーロッパランキング

2018-10-22 07:37 : 【雑記】 :

日本の男性は熊を突き落とし、スイスの農民は熊を追い出した?

 s-20171029_141543 (3)
 (隣り村  2017/10/29撮影)




昨夜は睡魔と大格闘しながらも、何とか記事を書きあげた。(^^;


書きあげた拍子に夢うつつで思い出したのが日本のニュース。

もう大抵の人はご存知だと思うが、秩父の雲取山で熊に遭遇し、背中を掴んで斜面に突き落とした勇敢な男性の話だ。

仔熊を連れた熊ときいて、思わず絶句モードになってしまった。普段とは比較にならないほど凶暴になっていただろうに。


男性が突き飛ばした熊はすぐに斜面を駆け上って来たらしいが、何と男性はまた突き飛ばしたという。ターザンもスーパーマンも顔負けだ。(^^;


男性は71歳。年齢からすると高齢者になるが、しかし山小屋の従業員とのこと、普段から力はつけていたのだろう。



実は、スイスにも熊はいる。

と言ってもスイスに出没するようになったのは、まだそんなに遠い昔のことではない。

今正確な年を調べてみたら、初めて発見されたのが2005年。

そうだったっけ? もう少し前だったような気もするけど‥‥。

でもマスメディアがこぞってビッグ記事にしたり映像ニュースにしたりして、大騒ぎになったのだけは覚えている。

但し初めてと言っても、100年ほど前まではスイスにも熊が棲息していたらしい。

なぜ100年前から2005年までの間はプッツリ切れていたのか? 

スイスのお百姓さんたちに追い出された? (^_-)-☆

なんたってスイスの農民たちは、あのハプスブルク家すらスイスから追い出してしまったんだからね。(^^;


ところで、私が住んでいるチューリヒ州では今のところ熊は、まだ1頭も見つかっていない。

が、これももう時間の問題か?


とすると、よく森や山に出かけて行く私は、首に鈴をつけて歩く習慣をつけておいた方がいいように思えるのだが。 (^^;



          






          


          s-20181015_213544 (2)

          しかし何でまたうちに こんな猫がいるんだろう?(笑) 




ヨーロッパランキング

2018-10-16 08:16 : 【雑記】 :

追加情報あり/「女の子の赤ちゃんの名前」コメント考察

【8月25日追記】

先ほどオーストリアにお住まいのブログ仲間さんが、右下のメールフォームを通して名前の情報を送って下さいました。参考になりますので、私だけの閲覧じゃあもったいない。皆さまとも共有したいと思います。

  
8月24日付けの記事を読んで、、、

女の子のお名前は、そうアの音で終わったりイの音で終わるものが多いですね。

身の回りですとサラ、リサ、アンナ、マリア、エレナ、パウラ、クラウディアなど。

イの音で終わるのは、古風なところでヴァレリーなんて時々聞きますし、、ソフィー、シュテファニー、

あら、続かない、、アより少ないのかな。

よく愛称で男性名でも女性名でもイで終わるようにします。

ヴォルフとかヴォルフガングが、ヴォルフィとか、セバスティアンをセビーとか、ウルリケがウリ、ウアズラがウアズィー。

オーストリアですが、アンドレアは、やはり女性のお名前で、男性だとアンドレアスになっています。



ヴォルフガングだと鉄のように硬い響きがありますが、愛称のヴォルフィならグー。断然カワユイです。(^^;

スイスではアンドレアは女性にも男性にも通用します。アンドレアスの場合はスイスでも男性だけですが。

お忙しいところをどうも有難うございました。
今後とも宜しくお願いします。

以上、追記でした。



          s-20170919_180214 (3)



私は普通コメント欄は閉じています。PCの前に座る時間を制限しているためです。

でも、たまーにですけれど、記事に対する情報がほしい時や、ミスを指摘してもらいたい時などはコメント欄を開けておくことがあります。


先日(8月22日付け)の「赤ちゃんの名前ランキング」をテーマにした記事の時がそうだったのですが、コメントはなかったものの、他の方法でブログ仲間さんから貴重なご指摘がありました。

>女の子の名前について、、、女性名詞がすべてaで終わるように、女の子の名前も
>aで終わるのが一般的のようですよ。


そうなんです。女の子の名前の最後に「a」が来るのは、もうありふれています。(^^;
特にラテン系では普通以上に普通ではないかと思います(なんのこっちゃ 笑)。

22日の記事にも書いた通り、スイスのドイツ語圏でも今年はトップ10に入っている名前のすべてが「a」に占領されてしまっているのです。

これも今の流行、世相の反映なんだと頭のどこかで納得はしています。だけど、もう一方ではがっかりしている自分がいます。(^^;

私の夫には3人の姉妹がいますが、この中で「a」が最後にくるのは1人だけです。彼の伯母は、かの有名なElise(笑)だし、母親もお尻に「a」がきません。

例えば、過去にはVreniがスイスの女の子の名前の代表だった時代もあったようです。
私の知人の奥方の名前もそうだし(と書いた途端に久しぶりに彼からメールがはいって来た!こんな偶然ってあるんですかねぇ!汗)、それからこの村にも複数のVreniがいます。みんなシニアですが‥‥。

このVreni(フレーニィ)ですけれど、愛称がVreneli(フレネリィ)なんです。
と言えば、あ~と思いだされる方もいらっしゃるかと(笑)。

♬お ブレネリィ(←英語読み) あなたの おうちはどこ~♬ 

スイス人の誰ひとりとして知らない(笑)この↑スイス民謡の中でも使われているのが、フレネリィ。

Vreneliは記念の百フラン金貨の名前にもなった時代があったと、うちの夫が言ってます。
それほどスイス・ドイツ語圏の少女の名前の、代表格だったということになります(と思います)。

それからもう少し昔に遡るとHeidiもいます(笑)。
原語に忠実に訳せばハイジじゃなくてハイディなんですが、翻訳当時の日本語には「ディ」なんて表記はなかったのかもしれません。


ところでブログ仲間さんが書いてらっした「女性名詞がすべてaで終わるように、」はこれまで私が意識してこなかった領域です。

言われてみれば確かに最後に「a」の音がくる単語には、ドイツ語でも女性名詞が多いように思います。
ただドイツ語の場合、すべてがそうだというわけではありません。例外も沢山あります。

「Alpha」は中性、「Omega」は女性っていうのも面白いですね。
「Hiragana」(ひらがな)はどういうわけか女性名詞です。(^^;
「Pyjama」(パジャマ)は男性名詞(笑)。
「Samba」も男性。
「Pizza」は女性。

こういうテーマは書き始めると切りがありません。<(__)>

最後に再び「a」が最後に来る名前についてひとこと。

さっきふと思い出したのですが、Andrea という名前はスイスでは(多分ドイツやオーストリアでも?)女性だけじゃなく男性にも使われているようです。イタリアだったら男性はAndrewになるのかな? 間違っていたら <(__)>


この辺でおしまいにします。


今、私の頭の中は「a」だらけです。
「a」に追っかけられる夢をみるかもしれない。

願わくはハッピーエンドで目が覚めますように。(^^;



      s-20171001_123622 (3)

ヨーロッパランキング

2018-08-24 09:44 : 【雑記】 :

天まで届く長~い猫の階段?

  s-2016-03-10 173 (3)
  
**************



しょっちゅう通る道なのに、昨日初めて見つけた長い猫の階段。



建物に何となく調和しているように見えるので、これまで何年もまったく気が付かなかった(それとも、私の目が節穴だったのか?(^^;) 



          s-20180807_161923 (3)









かと言ってこれが黒とか赤とかの、いやでも目につく色だったらゲマインデが首を縦には振らなかっただろうし‥‥。

          


          s-20180807_161833 (3)



猫が上って行くところを写したかったのだが、この暑さだ。
待ち人、いや、待ち猫が戻ってくる頃には熱中症で、私の方が天への階段を上って行くことになるかもしれない。

やめとこ。(^^;



でもいつの日か、階段を上っていくキャットをキャッチしてみせるぞ。

それとも、下りて来るところを狙った方が絵になるかな?




                    

               こんなん、どや? 

               絵にならんか?







s-20180408_174458 (2)



ヨーロッパランキング

2018-08-09 09:04 : 【雑記】 :

スイス独語はズーズー弁(^_-)-☆だから温もりがある

s-20180701_132218 (4)



うちの村にドイツのハノーヴァーからお嫁にきた人がいる。といっても、昨日今日嫁いできたわけではない。もう30年近くも前だ。

もちろんスイスドイツ語もペラペラ。
そりゃそうだろう。いくらスイス独語とドイツ語の間には大きな違いがあると言っても、日本語からみれば2つの言語は所詮ファミリー。30年近くも住んでりゃ、誰だってペラペラになるだろう。

さてその彼女のスイス独語だが、本人はスイス人と変わらぬアクセントで話しているつもりだという。が、スイス人の耳にはそうは聞こえないようだ。

「みんなにね、あんたのスイス独語はいつまでたってもハノーヴァー訛り(註1)だねって言われるの。あははは」

(註1)⇒ドイツではハノーヴァーあたりで話されるドイツ語が、一応標準的なドイツ語としてよく引き合いにだされる。実際にはどうなのか、ドイツに住んだことのない私にはよく分からないが。


私にはスイス人の話すスイス独語は、ガッタン・ゴットン・ギッコンの鈍行列車が走る時の音のように歪(イビツ)に聞こえるが、彼女のスイス独語は、シャーと風を切りさいて走るジェットコースターの音のように聞こえる。

私がそう言うと、「いえいえ、ハノーヴァーに里帰りするとね、周りの人から、『あなたのドイツ語のアクセントも、とうとうスイスのズーズー弁になってしまったわね』って言われるのよ。あははは」と彼女は丸っこい体を揺すりながら愉しそうに愚痴る。


確かにスイスドイツ語には華麗な響きなどどこにもない。
けど近ごろ私は、この使い古された雑巾のようなスイス独語に、温もりを感じるようになってきたのだ。

日本からこっちに戻ってきてチューリヒ空港に降り立ち、スイス独語が耳に飛び込んでくると、ホッとして体が5キロくらいは軽くなったような気がする。(^^;



**********************
付録として下に標準ドイツ語とスイス独語の曜日を書き出しておきます。

それではスイス独語のあったかい響きをお愉しみください。(^_-)-☆



≪日本語≫  ≪ドイツ語≫       ≪スイス独語≫    
月曜日      モンターク         めんてぃーく

火曜日      ディーンスターク      つぃーしゅてぃーく

水曜日      ミットヴォッホ       みっとヴっふ

木曜日      ドンナスターク       どぅんしゅてぃーく

金曜日      フライターク        ふりぃーてぃーく

土曜日      ザムスターク(*)     さむしゅてぃーく

日曜日      ゾンターク(*)      すんてぃーく


上記(*)⇒これはドイツで発音される音。
Sが頭にあって、その後に母音が続くときは、ザ、ズィ、ズ、ゼ、ゾというふうに濁音になるようです(例外も一つあり)。

ですが、スイス人が話す時にはドイツのドイツ語であっても普通は濁音にはなりません。サムスターク、ソンタークとなります。
どうでもいいんですけど。(^^;



それでは皆さん、愉しい「つぃーしゅてぃーく」をお過ごしください。




s-20180701_125936 (3)

(今日の2枚の写真は先日の7月1日に撮影)

ヨーロッパランキング

2018-07-03 08:36 : 【雑記】 :

こんな可愛いチビが草むらから飛び出してきた

  s-20180505_175130 (4)

昨日の記事に書いた通り、あれからすぐに速歩ウオーキングに出発。


うちを出て住宅街を30メートルほど北へ行くと、左手には↑上の写真のような風景が、そして右手には、これまで目にタコが(笑)できるほどお見せしてきた裏山が顔を出す(ただし上の写真は5月5日に撮影)。


一本道のずっと向こうの草むらから何かが飛び出してきた。

リス? いや、野ネズミかな?


大急ぎで距離を縮めると、何とミランの幼鳥ではないか!

ボケてきたせいか咄嗟には日本語のこの鳥の名前が出てこない。

しばらく経って脳の裏側から急に駆け上ってきた。

そうだ、とんびだ!



油揚げを盗まれようと何されようと、幼鳥は可愛い。

s-20180614_175948 (3)

私のことが気に入ったのかおとなしい。

と思ったら、とんでもない。


突然宿題の歌を思い出した幼稚園児のように、ピーピー私を威嚇し始めた。

s-20180614_180027.jpg


でも、赦す。この丸いほっぺのかわゆいこと。(^^;

s-20180614_180044 (2)

またピーピーが始まった。

ママ・トンビがどこかでこのSOSを受信しているであろうに、ちっとも姿を現さない。

まだ飛べないようだ。

どこから来たのだろう。

木々が生い茂る森は、ずっと向こうなのに。

トコトコトコと地面を駆けて、一目散に農家の牛舎に潜り込んで行った。



s-20180614_180139 (2)

無事に育ってね。

ママに会えますように。


(トンビの幼鳥の写真は、昨日14日に撮影)

追記/ ブログ仲間の方からご指摘をいただきました。
もしかするとトンビじゃなくて「チョウゲンボウ」の可能性もありそうです。









s-20180505_173401 (2)
(おらが村にて2018年5月5日撮影)

ヨーロッパランキング

2018-06-15 23:58 : 【雑記】 :
ホーム  次のページ »

ブログランキング&ブログ村

お知らせ

できるだけ多くの人に教えてあげた方がいいような情報や、間違いを指摘して下さったメールなどは、承諾を得た上でブログに転載させていただくこともあります。コメント欄は必要時以外は閉じていることの方が多くなりますが、あしからず。

カレンダー

10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR

RSSリンクの表示