生モミの木のクリスマスツリー

2年前に一度公開した記事だが、ちょうど今、隣町の広場で生モミの木の販売が行われているので、この機会に再更新しておきたい。

*****************************************************           
            s-20161216-164025.jpg






s-20181220_132651 (2)


スーパーマーケットでは、もう2週間も前から売られている生のモミの木。うちの隣り町では今日が売り出しの初日。そしてイブの日が最終日になる。

今日は新鮮なモミの木の香りに浸りたくて、わざわざバスで販売所の広場まで出かけて行った。

木々の間をゆっくりゆっくり深呼吸しながら歩いていると、モミの木の上品な青い芳香が立ち上がってくるのが分かる。それを吸い込むたびに幸せホルモンが増殖していく。

今度は風下に立って目を閉じてみる。
深呼吸をするたびに身体が軽くなっていく。

私はもう森の中にいる。(^^;
       s-20181220_133852 (3)


モミの木はサイズだけでなく、枝や葉のつき具合によっても値段が違ってくるらしい。2メートルくらいの高さで、円に換算すると6千円から8千円くらいかな。

バスの中にも持ち込めるように、ネットに入れてコンパクトに束ねてもらえる。

         s-20181220_134056 (2)
          

でもやっぱり大きいや。私には抱えきれない。もちろん1mくらいのもある。
         s-20161217-121449.jpg


ここのモミの木マーケットでは木彫りの作品も売っている。

作者は下の写真の男性。1枚目の写真の撮影は2013年の12月21日。
その下の写真は、5年後の2018年12月20日に再び彼を撮影。 

5年なんてあっという間に過ぎるような気がするのだけれど、それでも写真を見比べてみると、やっぱりそれなりの歳月を感じる。

          s-2013-12-21 001


        s-20181220_145334 (3)

下の写真の鷲(or 鷹?)の彫刻は、まだ彫り始めたばかりで未完成だという。
夕べは夜なべをして彫っていたと彼。

顔を近づけて鼻をクンクンさせてみた。
ヒヤ~、いい香り(^^♪
だけど、どう表現すればいいんだ?
割ったばかりの薪の匂いとはまた違う。
何か甘い香りが入っている。
それも透明な甘さだ。 
深い森の中の朝の空気に青緑色のそよかぜが融け込んだ甘さというか‥‥。
≪ずっと傍でこの香りに浸っていたい≫
そんな気持ちにさせてくれる甘さでもある。

木の名前を彼に訊くと「赤モミの木」という答えが返ってきた。
小さく見えるが、180cmはあるだろう。もちろん、私より遥かに高い。

           s-20161217-124240.jpg



        下の作品は完成品。        

        s-20161217-122130.jpg


        s-20161217-124037.jpg







2020-12-19 07:43 : 暮らしの写真 :

すっかり雪が解けて 寒さが一段落

s-20201217_153906 (2)


「記録的な大雪 1000台立ち往生」という日本のニュースをYouTubeで観たのだが、一瞬にして車が埋まってしまうほどの激しい降雪に、改めて自然の脅威を感じた。


この冬「おらが村」で初雪をみたのは12月1日。その後、もう一度雪が降って冬らしい風景が続いていたのだけれど、先日の火曜日には寒気団がしりぞき雨になり雪も解けてしまった。

そり遊びができなくなって、村の子どもたちは皆、肩を落としている。




s-20201217_153206 (2)







s-20201217_154129 (2)









          s-20201217_161841 (2)








s-20201217_162058 (2)

撮影日:2020/12/17(木)




2020-12-18 06:38 : 暮らしの写真 :

シュトレンと霜を纏った丸太と3本の白樺のキャンドル


          ドイツのクリスマスの伝統的なお菓子「シュトレン」
          
          s-20161212-155236.jpg






          シュトレンとは異母姉妹の(^_-)-☆霜をまとった丸太

          s-20161211-150908.jpg



          s-20161211-150943.jpg







今年も無精を決め込み、アドベンツクランツは作らなかった我が家。
その代わり昨日の日曜日には3本の白樺のろうそくを立ててお祝いをした。(^^;


s-20161212-155050.jpg








2020-12-14 07:09 : 暮らしの写真 :

下半身の筋力の衰えを簡単な動きでチェック

 s-20180914_163654 (4)
  馬力なら我々に任しといて! 2018/09/14撮影)



下半身の筋力が衰えるとホンのちょっとした動きでも故障の原因になったりする。

そこで今日は自分の下半身の筋力が現在どれくらいの年代にあるのか、チェックしてみるためのテストをご紹介したい。

そのテストというのは、「椅子に座って立ち上がるのを十回繰り返し、掛かった時間を計る」という超簡単なものだ。

(1)背筋を伸ばして椅子に座る
(2)両手は腕の前で組む
(3)膝が伸びるまで立ち上がる
(4)すばやく(1)に戻る

(1)~(4)を10回繰り返して、以下の時間以上かかるようなら筋力不足の可能性があるそうだ。

男女とも20~30代は10秒。
40代は11秒。
50代は13秒。
60代男性は14秒、女性は17秒。

(厚生労働省「健康づくりのための運動指針」より。  

私もトライしてみた。
うちにはストップウオッチなんて気の利いたものはないので、秒針のついた大きな置時計を目の前に置いて時間を計った。  

何と「11秒」と出た! 自分でもびっくり。

頭や心臓には問題があっても、私は元「山ガール」。脚力には(ほんの少しだけど)自信がある。今でも歩かないと生きた心地がしないというくらいハイキングとかウオーキングとか散歩とか、とにかく歩くのが好きだ。







s-20180914_170830 (2)

ワンりょくなら ボクに任しといて! 2018/09/14撮影)




2020-12-12 08:27 : 暮らしの写真 :

人生の空模様 「夢」のち「?」


s-2015-03-05 028

今日の写真はチューリヒ市のデパートで開催された、日本商品のプロモーション会場にて2015/03//05に撮影 (以下同様 )



***************
下は日本の地方の或るスナックの看板に書かれてあった広告文。


昔は安い酒で 夢のことばかり話していた。

  
最近は高い酒で 金のことばかり話している。】 


***************





s-2015-03-05 026




s-2015-03-05 023





スナックの広告文と今日のお酒の写真とは関係ありません。よろしく。 (^^;









2020-12-11 06:28 : 暮らしの写真 :

スイス伝統のクリスマス・クッキー


今日の日曜日はアドベント(待降節)の初日で、1本目のキャンドルに火が灯される日。2本目は12月6日、3本目は13日。

そして20日の日曜日に4本目のキャンドルに火が入ると、次はもうクリスマス(25日)。

下の写真とラストの写真の白樺の木のキャンドルは、近所の中学生の男の子が4本作ってくれたうちの2本。

私のお気に入りの装飾品だが、作ってもらったのはもう25年も前のことだから、今では彼もステキなパパになっていることだろう。


       s-20191207_141335 (3)

 


 s-20161202-135822.jpg

上の写真のクッキーは夫が親しくしているファミリーからのおすそ分け。作るのは80代のおばあちゃんで、何から何まで彼女の手作り。

生地が全部で17kg
クッキーの種類は13
かかった作業時間が合計で45時間

おばあちゃんの温もりが、クッキーの1個1個にパックされてある♪



ところで、クリスマスにこのクッキーを作るスイスの習わしだが、中世の修道院に起源があるらしい。

クッキー作りそのものの歴史はというと、もっと古くて古代にまで遡るとか。
遺跡からその証拠が発掘されて分かったそうだ。

もっとも、もし誰かがそれをそっくり再現して作ってくれたとしても、きっと不味くて我々現代人の舌には合わないだろうとは思うが。(^^;



s-20161130-145207.jpg 

2020-11-29 07:37 : 暮らしの写真 :

クリスマスツリー


s-2014-11-27 050


「次の日程で『(生)モミの木』の販売をします」

12月に入ると「おらが村」では毎年、こんなお知らせが届く。12月23日限定販売という年もあったが、たいていは2日か3日は売り出してくれる。

スイスでは12月24日のイブの日に、(生)モミの木のクリスマスツリーを飾り付けるのが昔ながらの伝統だ。

我が家でもモミの木を購入するのはイブの前日か、年によっては前々日と決まっていた。 

うちに持ち帰ると木の切り口を水につけて、先ずは地下室かバルコニーに置いておく。で、24日のイブの日に部屋に運び込んで飾りつけるのを習慣にしていた。

「いた」と過去形で書いたのは、今住んでいる村に引っ越して来てからは飾る気力が湧いてこないからだ。

我が家がチューリヒ市の一軒家で暮らしていた頃は、毎年のように我が家でクリスマスの家族パーティーを開催していた。その度に大きな生モミの木を買ってきて、居間にどーんと据えた。

来客からは「うわ~、今年のツリーもきれいね」と褒められ拍手を受ける。

夫も私も単純だから、また次の年のパーティでも大きな生モミの木をどーんと据える。また拍手を受ける(笑)。

だが一軒家を出て今の分譲アパートに移ってからは、我が家が家族パーティの会場になることも、もうなくなった。なくなった途端にやる気も失せてしまった。

生モミの木を飾り付けるには、やる気が必要なのだ。やる気を出すには、お客さまの拍手や応援が必要なのである(爆)♪^^; 


 s-20181124_130052 (2)
高さ15メートルの生モミの木に7000個ものクリスタルがぶら下がっている↑ 
チューリヒ中央駅のクリスマスマーケットの会場にて2018年11月下旬に撮影

 




          s-2014-11-27 010
 





 s-2014-11-19 002

伝統に則ったクリスマス行事は、今年の場合、次の日曜日から始まる。

今日の写真は2014年と2018年の11月下旬にチューリヒ市内で撮影





2020-11-24 07:51 : 暮らしの写真 :

我が家の風変わりなトマトソース



うちは普通のサラリーマン家庭なのだが、スーパーで購入するのは殆どが有機栽培の野菜や果物。当然我が家のエンゲル係数は高くなる。(^^;

          
          s-20180815_205016 (2)


日本で暮らしていた頃の私は、和食一辺倒だった。
信じてもらえないかもしれないが、日本ではスパゲティすら食べたことがなかったのだ。それが今じゃあ夫に飼い慣らされてしまって‥‥(笑)。

夫は缶詰にしろ何にしろ、出来合いのトマトソースが好きではない。
妻の私は(面倒だが)トマトを煮るところから始める。

夫は子供の頃、妹と一緒に母親が作るのを見たり手伝ったりしながら料理の仕方を覚えたらしい。で、トマトソースを作るとき彼女は、トマトの皮を湯剥きすることも濾すこともせず、そのままグツグツ煮ていたという。

理由は(あの時代には珍しいことでも何でもなかったのだが)「子だくさん」だったこと。私のうちと同じように、彼のうちも経済的な余裕があまりなかったようだ。

トマトを皮ごと使うとソースの量を増やせる。お母さんは手伝ってくれている子どもたちに「トマトの皮には栄養がいっぱいあるの。だから捨てちゃあダメなのよ」といつも言い聞かせながら皮も煮ていたという。

私が夫から教わったトマトソースにもやっぱり皮が入っていたのだが、トマトソースとはそういうもんなんだと私は思いこんでいた。

濾すのが主流だと気が付いたときには、夫式のソースで、もうすっかり舌が慣らされてしまっていた。普通の水っぽいソースじゃ味気ないというか、物足りなさをかんじるようになっていたのだ。(^^;




トマトソースに使った調味料をずらっと大集合させてみた。他にニンニクとブイヨン。日本製の食卓塩は、一時帰国の時に使った容器を大事に持ち帰って来たもの。

 s-20180816_173817 (3)




          s-20180816_185112 (2)


          s-20180816_183514 (2)



          s-20180816_185549 (3)



          s-20180816_190200 (2)


残りはタッパーに入れて冷凍庫へ。 
若い頃はその都度、食べる分量だけしか作らなかった私も、近ごろは「無精」を趣味の一つに加えてしまった。(^^;


          




2020-11-20 06:50 : 暮らしの写真 :

毎日が小旅行モード

s-20171121_153957 (2)



晩秋の「おらが村」を走る郵便バス↑↓ 2017/11/21撮影



s-20171121_160058 (2)



春の新緑に秋の紅葉や黄葉。
田舎で暮らしていると、春と秋には森の色彩が日ごとに変化していく様子が手に取るように分かる。

最近私は用事があって、よくチューリヒ市まで出かける。その際、列車よりバスを利用することの方が多い。

列車の窓から風景を遠目に眺めるよりも、この時季には季節の真っ只中を走るバスの方がワクワクするからだ。

うちの村から市に入る直前までの20分ほどの間に、バスはいくつもの草原や森を走り抜ける。

10月も下旬になると樹々の色彩の変化が速く、昨日と今日とでは風景が全然違うこともある。


コロナ禍でこの秋は遠出ができないので、黄色い郵便バスに揺られて出かける20分余りは、私にとって小旅行モードでたのしめる貴重な時間だ。




 s-20171016_120909 (4)
        





下の写真は↓郵便バスの一番前に座って秋の風景を楽しんでいる、お行儀のよいスイスの乗客





          




          s-20181121_123238 (2)




2020-10-29 04:00 : 暮らしの写真 :
ホーム  次のページ »

お知らせ

最新記事

カレンダー

04 | 2021/05 | 06
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

QRコード

QR

RSSリンクの表示