パスポート写真 「笑っていいとも」な国もあるんですって?

 s-20161115-105219.jpg
 (2016/11/15 GR州にて撮影)


身分証明証の更新に写真が必要になったので2種類の表情写真を役所に持参した。

「できればこちらを」

唇の両端が上がっている微笑み写真を指差してお願いしてみたのだが、「いや~、フラウ(ミセス)〇〇〇〇、笑っちゃダメなんですよ」と担当の男性に笑われてしまった。

しょうがない。指名手配中のような仏頂面の方を提出した。


それにしても、どうして爽やかに笑っている顔はハネられるのだろう?

疑問に思ったので、仏頂面と、歯がチラッと見える程度に微笑んでいる顔を頭の中でイメージして比較してみた。

なるほど、なるほど。

唇を開いて歯を見せて笑っている写真の場合は、印象が口の方に集中してしまうので顔全体の記憶が曖昧になってしまう。

それに(あたり前のことだが)目も細くなる。


日本の警視庁のサイトを覗いてみると、運転免許証写真の「不適正な例」の中には堂々と「笑い顔」も入っている。

だけど、どういうわけか外務省のサイトでは、ちょっと微妙な書き方になっている。

「口を開き歯が必要以上に見えているものは不可」

んっ? 必要以上に見えているって、どういうこと?

意味がよく解からず暫く考え込んでいたのだが‥‥。


分かった!(私はやっぱり鈍い) 

外務省は気を遣って敢えてこういう曖昧な表現を選んだのだろうか?


他の国々ではどうなんだろうと興味が出てきたので、ググってみた。

そしたら何と、歯を見せて笑っている写真でも受理される国があるという報告が幾つか出てきた。

アメリカやカナダ、それにドイツなどに住んでいる人たちからの報告だ。

しかし残念ながら個別にとりあげて調べてみる余裕が私にはないので、これらの情報が本当に正しいかどうかまでは分からないのだが。

ハッキリ言えるのは、スイスと日本ではムッツリした顔の方が好ましいということだ。  
               (゚Θ゚) 





          s-2015-04-26 025


ヨーロッパランキング

2018-11-11 09:15 : 【暮らし/その他】 : コメント : 0 :

秋の名残りのバラ⇒「クリスマス」へ


  s-20181021_131438 (3)
 

  (10/21 チューリヒ市にて撮影 ↑↓)


  s-20181021_131452 (4)







  s-20181103_122717 (2)



(11月3日 チューリヒ市にて撮影 ↑↓)



          s-20181103_122833 (3)




          



  s-20181028_164452 (2)



  (10月28日雨の日曜日 チューリヒ市にて撮影 ↓↑)


  s-20181028_164607 (3)







  (下の3枚は11月3日 市内にあるスーパーMigrosにて撮影)

  s-20181103_124211 (2)








  s-20181103_123739 (4)








  s-20181103_123701 (2)



ヨーロッパランキング

2018-11-04 07:41 : 【暮らし/その他】 :

ひどいアレルギー

  s-20181028_171443 (2)
  撮影 2018/10/28(土)


数日前からひどいアレルギーでヒーコラヒーコラ息しております。(^^;(←どんな状態に陥っていても私の脳内辞書にはこの笑っている絵文字しかないので、またこれを使います)。

先ほど、仮の薬を薬剤師さんからゲットしてきました。

うまくいくかいかないか、二つに一つ。丁が出るか半がでるか、試してみなきゃ分からない。

って、これどっちがどっちなの?(^^;


そんなわけで、今日は早めに記事の更新をします。

えっ? それでも更新するの? 

はい、ブログ依存症なもんで‥‥。(^^;



話は変わります。

昨日と今日のこちらの新聞で読みました。
悪天候に見舞われたイタリアでは、ローマの旧市街などが水浸しになっているようですね。

お見舞い申し上げます。

今年は本当に「異常気象」の年でした(ってまだ今年は終わっていないのですが)。

地球上の空の配置具合が、例年に比べるとかなり偏っています。


こうなるとスイスの冬の行方も心配になってきます。

豪雪も困りますが、暖冬も困ります。

どちらかというと、暖冬が及ぼす弊害の方が怖いように思えます。

これ以上の急激な氷河の融解や消滅は、我々の命が脅かされるようなことになるかも知れないので。

******************


ついでに今日の欧州気温分布もアップしておきます。

1日でこんなに動いたんですね!

我々と同じで、空は生き物です。(^^;


           10月30日(火)の「色分け気温図」↓

          s-20181030_114852 (2)


               (参考までに下の色分布は昨日29日の気温図)
               s-s-20181029_105545 (3)




  s-20181028_170936 (2)
  撮影 2018/10/28 (土)

ヨーロッパランキング

2018-10-31 01:24 : 【暮らし/その他】 :

欧州の約三分の二が冷蔵庫の中

  
  s-20171030_181757 (2)

  (トップとラストの写真は去年の11月30日に「おらが村」にて撮影)



*****************

ブログ仲間さんの一人から雨の心配をしていただきました。有難うございます。

お陰さまで土曜日にはうちの村にも恵みの雨が降り、大地の草も森の木々もみんな一斉に「第九」の大合唱♪をしておりました(笑)。

水分不足で衰弱ぎみの上にホコリをかぶって色あせていた葉っぱが、週末の雨でびっくりするほど色彩を取り戻しました。

久しぶりの雨に洗われた木々や草原の美しさは、また格別です。




下の写真は無料日刊紙『20minuten』(29日付け)からお借りした気温の分布図「欧州色分け気温図」です。

冷気と暖気の線がハッキリわかれています。

今日は欧州の東側よりも、スペインの方が冷え込みが強かったんですね。
       
          
          


            s-20181029_105545 (2)







  


  s-20171030_183639 (2)


ヨーロッパランキング

2018-10-30 06:57 : 【暮らし/その他】 :

あ~無情、雨に降られたかったのに、振られてしまった。(^^;

※初めて遊びに来て下さった方は、昨日の記事に目を通していただいてからの方が分かりやすいかと‥‥。(^^; 
 
  s-20181024_172234 (2)



今朝、出かける時には灰色の紙をべったり貼り付けたような、思わせぶりタップリの空だったので、雨が降るのも時間の問題だろうと信じて疑わなかった。

バス停でもバスの中でもチューリヒ市内を歩いていても、雨が気になって仕方がなかった。

チラッと灰色の空を見上げては、今か今かと待ちわびた。



そしたら午後、うちに帰って来た途端に、天がピカーッと青光りしたのだ(天邪鬼の仕業だろうな)。


今日アップしている写真3枚は、すべて(こちらの日付けの)今日24日(水)にウチの村で撮影したものである。


ここまで見事に予報がハズれるとは、一体誰が予想できたであろうか。



  s-20181024_171524 (2)


雨に降られたかったのに振られてしまった今日の私には、空気ですら重い(笑)。

次の雨の予報は土曜日。

よっしゃ、これにかけよう。




  


            夕食の前に見た西の空↓  

  s-20181024_192234 (2)



ヨーロッパランキング

2018-10-25 06:46 : 【暮らし/その他】 :

カラカラ天気で息も絶え絶えの樹木の葉っぱ>おらが村

  s-20171113_165526 (2)
(上の写真は、うちの近所の庭で去年の黄葉のピーク11月13日に撮影。
今年は色づく前に、もう枯れかけている。)

_____________


今日水曜日はうちの村にも、やっと、本当にやっとのことで雨が、アルプスには雪が期待できそうだ。

もちろん1日だけではとてもじゃないが、このカラカラ大地は潤せない。

予報では今週の土・日も雨らしいので、本格的な雨になれば、これでうちの村の樹木も、ひと息つけるのではないかと思う。





       s-20181016_154757 (2)

8日ほど前の話しになるが、村の住宅街をウオーキングしているときに、木を見上げている夫婦↑に出会った。

「この木に何かあるのですか?」と訊くと、葉っぱを指さして「見てごらんなさい」と奥さん。

ワッ! ほとんどの葉が病んでいる。わくらばだ。10月もまだ中旬だというのに!

例年なら、葉が緑から黄や赤に色づき始めるのはこれからなのに、そうなる前に
もう枯れかけている。

「私はこの土地で生まれ、ずっとここで暮らしているんだが、夏と秋にこんなに雨が降らなかった年は初めてだよ」と夫氏。





本来なら青々と輝いているはずの芝生だが‥‥(うちのアパートの玄関脇)。


s-20181016_151054 (2)





水不足で葉がかなり衰弱している。

s-20181016_153015 (3)







s-20181016_155248 (2)






紅葉になりきれないモミジ。

s-20181016_155744 (3)




s-20181016_160742 (3)





乾燥に強いコスモスは背筋をのばして咲いているのに、左手の葉っぱは息も絶え絶え。
s-20181016_165901 (2)


過去記事にも書いたが、緑の美しいうちの村の草原も今年の夏は、まるで冬枯れのように色がくすんでしまった。

9月に入ってやっと雨が降ってはくれたものの、おしめり程度の僅かな施しだけで、はい、おしまい。

そして、再び雨なしのお天気がずっと続いてきたのだ。

雨の中、傘をさして重い買い物袋を持つのは嫌だけど、でも今日降る予定の(笑)雨は、まさに「恵みの雨」として心の底から喜びたい。


いま最も深刻なのは、氷河。

スイスの独語圏では一番発行部数の多い『Tages Anzeiger』で、1ページ全面に渡って氷河の特集が組まれてあった。

近未来のシナリオで怖いのは水不足かもしれない。

氷河は我々の貴重な水資源。その氷河の溶解は、スイスだけじゃなくヨーロッパの多くの国々にも直接的な影響を及ぼす。

ここ数年は高山でも雪不足で氷河は溶解の一途をたどっている。


この冬は欧州の山々に、たくさんの降雪があるように切に切に祈りたい。


下の写真はピッツ・パリュ(3905m)から流れ出てくる、パリュ氷河。溶解の深刻さがひと目でお分かりいただけると思う。

氷河も猛暑の夏に翻弄されてヨレヨレだが、それだけではない。新聞もこの写真も、ヨレヨレのヨーレイロでごめんなさい。(^^; 

(スーパー・ミグロのレストランで新聞をお借りして撮影 W)


s-20181023_144150 (2)

余談だが、向かって右側の方の氷河と合流して下に流れて行ったところが、先週の19日にご紹介した『お散歩モードでたどり着けるダイナミックな氷河』のモルテラッチ氷河。
 




________________________

下の写真は去年の11月11日、雨の中をうちの村で撮影。
今年は無理。こんな色彩にはとてもじゃないが、お目にかかれないだろう。

  s-20171111_170324 (4)





ヨーロッパランキング

2018-10-24 08:38 : 【暮らし/その他】 :

やっと動き始めてくれた欧州の気温分布&日曜日には冬時間に



 s-20171029_133351 (2)
 (遅咲きのヒマワリの蕾 2017/10/29撮影/ この花が無事咲いたのか、それと
 も蕾のままで散ってしまったのかは確認していません。(^^;)



           【追記10/23】 23日(火)↓

        s-20181023_103514 (2)






今日はうちの地方にも冷たい風が入り込んできて、たるんだ私の身を引き締めてくれました。(^^;

下の欧州気温図は(こちらの日付けで)↓今日22日(月)の気象状況。長期にわたって停滞していた中央ヨーロッパの気温の色分布が、やっと動き始めたようです。


          s-20181022_123339 (2)



参考までに先週の金曜日の気温図↓も貼り付けておきますが、この色分布が長い間続いてきたために、うちの方の森や牧草地が再びカラカラになってしまいました。樹木が哀れ。

              s-20181019_102902 (3)


さて、今度の日曜日(10月28日)には夏から「冬時間」に変わります。

28日午前3時が2時になって1時間朝寝坊ができます。


冬時間になって唯一私が困るのは、日本との時差が1時間多くなること。

たかが1時間ですが、日本の午前0時がこちらの前日の午後4時になるのは、(ブログランキングに参加している限り)私にはちょっと不便(or 都合が悪い or シンドイ)ですな。(^_-)-☆




          s-20181022_152127 (2)
          (うちの村で今日写したばかりの写真)

ヨーロッパランキング

2018-10-23 06:20 : 【暮らし/その他】 :

ドイツ語とスイス独語の間で宙ぶらりんに⇒近所のドイツ人

 

 s-20181012_165740 (2)
 
 (トップ↑とラスト↓の写真は2018/10/12「おらが村」にて撮影)




うちの6軒向こうにドイツのハノーヴァーからお嫁にきた人が住んでいる。

といっても昨日今日、嫁いできたわけではない。もう25年も前だ。スイスドイツ語もペラペラ。

そりゃそうだろう。いくらスイス独語とドイツ語の間には大きな違いがあると言ってみても、日本人からみれば所詮、親戚同志。ドイツ人がスイスに25年も住んでりゃ誰だってペラペラになるわさ(^^;



さてその彼女のスイス独語だが、本人はスイス人と変わらぬアクセントで話しているつもりだという。

が、スイス人の耳にはそうは聞こえないらしい。

「みんなに、あんたのスイス独語はハノーヴァー訛りだねっていわれるのよ」

(註:念のため/ドイツではハノーヴァーあたりで話されるドイツ語が、共通ドイツ語としてよく引き合いに出されるようだ。)


私の耳にはスイス人の話すスイス独語は、鈍行列車が走る時のガッタン・ゴットン・ギッコンの音のように重く聞こえるのだが、彼女の話すスイス独語は、シャーと風を切りさいて走る新幹線の音のように響く。


私がそう言うと彼女は、「でもね、ハノーヴァーに里帰りすると周りの人から、『あなたのドイツ語のアクセントも、とうとうスイス弁になってしまったわね』って言われるのよ。あははは」と太っちょの体を揺すって愉しそうに愚痴るのだった。


要するに、スイス人からは彼女のスイスドイツ語はハノーヴァー訛りだと言われるし、実家に帰ったら彼女のハノーヴァードイツ語はスイスのズーズー弁だと言われるらしいのだ(笑)。

ちなみに私は、スイス独語のマイナーな音が結構好きである。(^^;

**********************
さて参考までに、ドイツ語とスイス独語の曜日を下に書き出しておきたい。

尚、下記の(*)⇒これはドイツで発音される音。Sが頭にあって、その後に母音が続くときは、ザ、ズィ、ズ、ゼ、ゾというふうに濁音になる(例外も一つあり)。

しかし、スイス人の場合は、ドイツの独語で話すときにも、普通は濁音にはしない。サムスターク、ソンタークとなる。どうでもいいですけど。(^^;



≪日本語≫    ≪ドイツ語≫         ≪スイス・ドイツ語≫    
月曜日       モンターク        めんてぃーく

火曜日       ディーンスターク     つぃーしゅてぃーく

水曜日       ミットヴォッホ      みっとヴっふ

木曜日       ドンナスターク      どぅんしゅてぃーく

金曜日       フライターク       ふりぃーてぃーく

土曜日       ザムスターク(*)    さむしゅてぃーく

日曜日       ゾンターク(*)     すんてぃーく


(註/ 日本のカレンダーと違って日曜日が最後に来る)



________________________

皆さ~ん、のこもった「どぅんしゅてぃーく(木曜日)」を (^_-)-☆


s-20181012_170851 (2)

ヨーロッパランキング

2018-10-18 08:47 : 【暮らし/その他】 :

EU内のサマータイム制度、数年内に廃止?

s-20181004_184901 (3)

 (2018/10/04 18時49分 夕食前のウオーキングの途中、うちの近くで撮影 )

*******************

最初のうちこそ新鮮だったサマータイム。

慣れるにしたがって、時間の切り替えの手間が私は段々うっとうしくなってきた。

我が家には時計が多い。

夫が愛用しているものは生家や親戚から形見分けとしてもらった古い時計ばかり。簡単には断捨離できないと彼はいう。

実用性のみを念頭に置いて私が買った壁掛け時計やら目覚まし時計やらも、またハンパなく多い。

中には一時帰国ちゅうに、日本の100円ショップで間に合わせに購入した目覚まし時計もある。百円じゃなく300円だったけど(笑)。

これがまた働きモノで、数年経つのに未だにしっかり時を刻んでくれているのだ。チャチだけど、日本へ持って行くには軽いので重宝している。


本当なら腕時計ひとつあれば時間を知るには充分なのだろうけれど、私は自宅で腕時計をはめておくことができない性分なのだ。そのくせ家事をしていても、しょっちゅう時間を知りたがる(笑)。


今、改めて数えてみたら、私が買った時計だけでも11もある。これまで数を意識したことがなかっただけに、正直言って驚いた。 

とすると夫の古い時計や我々の腕時計や、それに地下室にある置き時計やら掛け時計やらも入れると‥‥ゾゾゾ。もう数を書くのはよします。(^^;

これまでスイス在住37年もの間に、74回も1時間遅らせたり早くしたりしてきたことになる。もう充分です。(^^;


だけど、サマータイムの最大の短所は、実は、この時計の針の切り替えではないのだ。

ご存知の通り、今年の夏は雨が降らずスイスでも暑い日が続いた。で、遅い時間まで太陽の影響を受けると、部屋の窓を開いて夜気を取り込んでから就寝ということができなくなる。

そのため室内がムッとしたままベッドに入る破目に。

この問題では2003年が一番ひどかった。あの夏は熱くて眠れず、続けて何日も睡眠不足に陥ってしまった。

サマータイムは健康によくないよね。

痛切にそう思ったものだ。

今後は猛暑の夏の間隔がどんどん短くなって行くような気がする。 

日本ももし仮にサマータイムの導入が実施されて、太陽の熱が遅くまで残るとすると、クーラーの使用度が更に高くなるのではないだろうか? いいわけがない。電力を食うためのサマータイムになってしまう。

EUでも今年の夏の調査で、460万人のうちの84%が廃止を支持した。

主な理由は、省エネの効果がない。体内時計と合わず、健康に悪影響。時間の切り替えの度にコンピューターのシステム障害が起きる、などなど。 

すぐにというわけには行かないだろうけれど、EUのサマータイム制度は廃止の方向に向かうらしい(もちろん、まだ決定はしていないが)。

EU内で廃止されれば、スイスでも廃止になるのは間違いない。


________________________

下はトップの写真と同じ日にうちの近くで撮影。 
(多分)今年最後の草刈り。

 
 s-20181004_185856 (2)

ヨーロッパランキング

2018-10-10 07:25 : 【暮らし/その他】 :

最低6度、最高18度&45度*今日の気温(?_?)

  s-20171013_131521 (3)
  
撮影は2017/10/13
アイガー北壁を真正面に見ながら歩く有名なお散歩コース‥‥というのは
初夏~初秋までのこと。

この日の日陰の道は、凍結している箇所も少なくなかった。
私の目の前で男性ハイカーが滑って派手に転んでいた。
にもかかわらず、この日は暑かった。(^^; 
10月も中旬。しかもここは海抜2千3百メートルほどの高所なのに。





***********************
日本に住んでいる人には信じてもらえないかも知れないが、今日(こちらの日付けの10月5日)の午後は気温が18度くらいしかなかった。にもかかわらず、暑かったのだ。(^^;

うちの地方では今朝はブルッと震えがくるくらい寒くて、気温も6度。

午前中は霧が出ていたのだが、午後には雲ひとつない真っ青な空が広がった。

上にも書いた通り、気温は18度くらいだったと思う。

これ、10月としてはごく普通の数字だし、この数字に「暑い」という言葉は似合わない。

ところが暑かったのだ。秋特有の澄んだ暑さなので、うんざり感はないのだけれど、やっぱり暑かった。


街でバスを待っていたときに上半身ビキニだけの20歳くらいの女の子が通り過ぎて行ったが、ちっとも違和感なく受け入れられた。

うちに帰ってきて17時近くの温度計の数字をみて、やっと納得。

この温度計はセンサーをバルコニーに設置してある。私がみた時間にはバルコニーには陽があたっていた。

で、温度計には「45,3」という数字が出ていたのだ。

そりゃ暑い筈である。

湿気の多い日本と違ってここスイスでは、陽のあたる場所と日陰ではこれだけ大きな温度差が出てくる。

普通、気象庁から発表されるその日の気温は、日陰で計測される。

なので、18度という数字だけでは判断できないことも、しばしば。(^^;

但し、北、或いは東北方面からの冷たい風が入りこんでくると、また全然別の話になる。でもそれはまたの機会に。



                  s-20181005_171016 (2)
     (10月5日 16:47 外気温45.3 室内温度22.5 明日朝の予報は曇り)

          

            

     (下は5日付けの欧州色分け気温図 無料日刊紙「20minuten」より)
            s-20181005_123042 (2)

(お借りしていて文句は言えないのだが、印刷が薄くて見辛くなった。クシュン)

ヨーロッパランキング

2018-10-06 07:49 : 【暮らし/その他】 :
ホーム  次のページ »

ブログランキング&ブログ村

お知らせ

できるだけ多くの人に教えてあげた方がいいような情報や、間違いを指摘して下さったメールなどは、承諾を得た上でブログに転載させていただくこともあります。コメント欄は必要時以外は閉じていることの方が多くなりますが、あしからず。

カレンダー

10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR

RSSリンクの表示