たった1日で蒸発してしまった雪

2021/02/25

 s-20210120_155516 (2)


        s-20210120_154038 (2)

今年に入ってからは、しょっちゅう雪に降られた「おらが村」。
その降雪も2月初旬には一段と激しくなり、おまけに気温の方も連日マイナスが続いていた。

それが‥‥。
10日ほど前のある日のこと。突然、春が急降下してきたのだ。

スイスでは急激な温度変化というのはとりたてて珍しい現象ではないのだけれど、しかし今回は一つだけブログに書き留めておきたいことがある。

先週の2月15日(月)は、上の写真のようにまだ銀世界だった。で、この日の「おらが村」の最高気温はマイナス1度、最低気温の方はマイナス12度

森の中の小道や草原などはカチンカチンに凍結していた。


 
 s-20210111_163329 (2)




ところがである。その翌日の16日には、何と15日のその気温の数字がそのままプラスになってしまったのである。つまり最低気温がプラス1度、最高気温がプラス12度! 

冷たい北風にかわって南からの温かい風が20Km/hで吹きこんできていたので、魔法をかけられたように、たった1日で村じゅうの雪という雪が蒸発してしまったのだ。

いくら南風の勢いにのせられたとはいえ、あれだけの雪が融けるまでには普通なら3日はかかる。僅か1日で雪が消えてしまうという現象は、いくら「フェーン」で有名なスイスとはいえ、そう頻繁に起こることではない。

21日なんぞは直射日光下の気温を測ったら、プラス44度と出た(もちろん日陰で計測される正式な温度は別だが)。
 

          




          s-20210221_150412 (2)
(直射日光下の外気温44.8度、室内温度23.2度、時刻14:52、日付け2月21日。
ちなみにこの日の日陰での最高気温は18度) 




  




 s-20210220_155350 (2)

  (今日のトップに貼り付けてある写真と、ほぼ同じ場所で撮影↑)





 s-20210217_135026 (2)
 (2021/02/17 「おらが村」にて撮影)



本格的な春到来までには、もう1度くらい冬がやってきそうな気がする。




2021-02-25 08:10 : おらが村 冬&春 :

暗と明

2020/12/23


s-20201219_161006 (2)


この冬は「おらが村」の住宅街では濃霧にすっぽり覆われる日が多い。

日暮れ時にウオーキングに出かけたこの日もそうだった。

視界は数メートルほどしかない。この調子なら今日は丘に上がっても、どっちみち霧の中だろう。

そう決めつけて別のウオーキングコースに行くつもりで草原の畦道を歩いていたら、薄闇の中から蹄の音が聞こえてきた。

馬に道を譲ろうと思い端っこに立って待っていると、なんだ、馬にまたがっている人は農家の若奥さんじゃない。彼女とは時々立ち話をする間柄だ。

「今年は濃霧の日が多いわね。今日の霧もまた凄いこと!」
挨拶もそこそこに曇った表情を作って見せたら、彼女はにっこり笑ってこう言ったのだ。

「大丈夫よ。丘に行ってみなさい。あなたのために雲ひとつない青空が用意されてあるから」


s-20201218_154608 (2)

私は彼女の後ろ姿をデジカメにおさめると、カエル飛びで向きを変え、丘を目がけて猛突進。








わおっ 

冬眠中の樹々も紺碧の空に向かって大合唱🎵



s-20201218_163043 (2)






s-20201218_161630 (2)






ピラトゥス山やその後方の、アイガーなどのベルナーオーバーランドも、この日はよく見えた。
s-20201218_164701 (2)









夕闇迫る丘をあとにして、再び霧のスープの中を泳ぎながら家路につく。

途中、馬に乗った2人のお嬢さんたちが私を追い越し、灰色の中に吸い込まれて行った。


ついさっき見た紺碧の空、あれは幻だったのか。(^^;





s-20201218_154952 (2)

撮影日:2020/12/18



2020-12-23 09:01 : おらが村 冬&春 :

「おらが村」のシンボル


s-2013-02-10 002
(2013/02/10 撮影)

「おらが村」の図書館として使われていた木組みの古い建物。

本は想像以上に重い。2階の床が抜けそうになって、残念ながら2年半ほど前に引っ越しせざるを得なくなった。

時計塔などは近代になってから増築されたが、この建物の土台そのものは800年前のもの。

今日の写真は、まだ図書館として使われていた頃に撮影。





s-2012-12-02 003
(2012/12/02 撮影)








s-2014-12-28 013
(2014/12/28 撮影)






2020-12-10 07:20 : おらが村 冬&春 :

村じゅうを覆いつくした霧氷の花


 s-2015-12-29 038 (2)           



           s-20170101-141024.jpg

雪なら路面も屋根も白くなるはずだが、この日、樹々に白い花を咲かせたのは雪ではなく、マイナス10度くらいの中で発生した濃霧だったのだ。

今から3年前に撮影した写真だが、とにかく圧巻だった。

村のお年寄りたちも口を揃えて言ったものである。
「村がここまで霧氷で覆われるのも珍しい」

興奮で体が熱くなり、手袋もはめずに走り回ってシャッターを押した忘れられない光景の数々。思い出の写真としてアップしておきたい。



s-20170101-145601 (2)







s-20170101-152001 (2)








s-20170101-145751.jpg







s-20170101-153057 (3)






s-20170101-154228 (3)






s-20170101-155340 (2)







2020-12-07 08:09 : おらが村 冬&春 :

冬の落葉樹のシンプルな気品


冬の落葉樹の美しさを知ったのは田舎で暮らすようになってからだ。

枝が織りなすレース編みのような繊細な気品は、見ていて飽きない。



s-20200112_142219 (2)







s-20200112_140948 (3)







s-20190208_162544 (4)







s-20170129-172332 (2)







s-20170129-163457 (2)







       s-20170129-180845 (2)







s-20170129-155319 (2)



2020-12-06 04:13 : おらが村 冬&春 :

あっという間に日が暮れる

今週の前半は雑用に追い回され、ウオーキングに出かける余裕すらなかった。
今日は久々の快晴だったので、もう我慢できず午後3時45分(日本時間23:45)に家を飛び出した。

実は12月1日(火)にはうちの地方に初雪が降ったのだ。

だけど写真を撮りに出かけるだけの時間がとれず、ブログ記事は過去の雪景色をアップすることで自分を宥めた。(^^;

しかし今日の記事に使用している写真は、正真正銘(スイスの日付けの)今日の「おらが村&隣り村」だ。

驚いたのは、たった数日、外歩きをお休みしていただけで日中が一気に短くなっていたことだ。

「つるべ落とし」、それも鉄でできた「つるべ」が井戸に落ちて行くようなスピードで日が暮れてしまった。



ウオーキング開始時には紺碧の空の下、太陽の恵みをサンサンと受けながら軽快に歩を進めていた。真正面の裏山も午後の光の中で輝いていた。
s-20201203_155437 (2)




s-20201203_155850 (2)





森を通り抜けて東側の草原に出る。
日が落ちて夜が忍び寄ってきた。

s-20201203_163550 (2)






下の写真の真正面にはピラトス山、その後ろにはアイガー、メンヒ、ユングフラウなどのベルナーオーバーランドの山々が見える‥‥はずなんだが。(^^;
s-20201203_164108 (2)




日が暮れて一挙に暗くなった。明かりのない森の中の凍結道を闇雲に歩くのは怖い。いつもなら隣り村の住宅街に出て、そこをぐるりと回って森に入るのだが、そんな悠長なことをやっていたら真っ暗になる。

で、今日は雪の草原をトラバースして時間稼ぎをすることに。


s-20201203_165730 (2)





一番雪の深いところでも、こんなもんだ↓(笑)。パウダースノーだから全然濡れない。
            s-20201203_165619 (2)






幽霊が出てきそうな森の中を抜けるのは、あまり気持ちのいいもんじゃない。

s-20201203_170757 (2)






やっと森を抜けたのはいいが、私を迎えてくれたのは煌々と明かりのついた夜の顔の裏山だった。(^^;

s-20201203_172326 (2)


(乱暴な書き方になってしまいましたが、とにかくアップすることにします)





2020-12-04 07:58 : おらが村 冬&春 :

光と霧のコラポ

      日曜日の昼下がり(午後1時50分頃)の斜光線と霧の共演

      撮影日:(スイスの日付けの)今日 2020/11/22
      舞台:「おらが村」の森


          s-20201122_135735 (3)





s-20201122_135302 (2)






s-20201122_135532 (2)








          s-20201122_135822 (2)








          s-20201122_135915 (3)




   霧と寒冷前線が森に残して行ってくれた贈り物

 
 s-20201122_134817 (2)






 s-20201122_134637 (2)






2020-11-23 05:38 : おらが村 冬&春 :
ホーム

お知らせ

最新記事

カレンダー

04 | 2021/05 | 06
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

QRコード

QR

RSSリンクの表示