クリスマスのシンプルな電飾に華を添えてくれた夕焼け



s-20161207-182758.jpg

撮影:2016/12/07
撮影場所:裏山



         



【付録】
純粋な蜂蜜蝋から作られた80年ほど前のキャンドル(親戚からの贈り物)


       s-2013-12-09 004
2020-12-21 08:17 : 裏山からの絶景&凡景 :

裏山からみた雲海の魔術ショー



s-2015-12-03 017





s-2015-12-05 007


2015年12月3日4日5日と3日間にわたって見た雲海の魔術ショーは、もうこの世の色彩を超越していた。

白い雲がピンクに染まり、そして黄金色に変化していくさまは、これまでにみてきたどの雲海の色彩よりも強烈な印象を私に残してくれた。

それも穏やかな海面ではない。動きが実に躍動的で、しかもダイナミックなのだ。次から次へと披露してくれる、うねりの舞を凝視していると、雲が意志を持った生き物のように思えてきて、美しさを通り越して怖くなってしまった。(^^;

あのとき以来、こんな魔術的な雲海には未だ出合えていない。
 

s-2015-12-05 015






s-2015-12-05 013 - コピー (2)






s-2015-12-03 018






s-2015-12-05 011 (2)








s-2015-12-03 011 (2)








s-2015-12-03 003 (2)


今日アップした写真の撮影日は、2015年12月3日&5日
撮影場所 私が裏山と呼んで親しんでいる「ユートリベルク」









2020-11-27 07:08 : 裏山からの絶景&凡景 :

871mの裏山から冬の便り



s-20191206_094613 (3)



s-20191206_100335 (2)



s-20191206_101846 (3)




s-20191206_102443 (4)




s-20191206_101435 (2)





s-20191206_105320 (2)

撮影日:2019/12/06
撮影場所:裏山ことユートリベルク

今朝(スイスの日付けで11月21日)の裏山でも、これと似たような光景が見られたのではないかと思う。

今朝は「おらが村」でも最低気温がマイナス2度に落ちた。
この冬初めてのマイナス気温だったのだが、今年の11月は気持ち悪いほど暖かな陽気が続いていたので、ある意味、ホッとした。












2020-11-22 07:08 : 裏山からの絶景&凡景 :

黄葉の輝きに包まれて ** 晩秋

 

        s-20161101-150907.jpg

例年よりも早くて、しかも短命だった2020年の紅葉、そして黄葉。
今年はこの木も10月下旬には丸裸になってしまった。


上の写真は私の好きな風景のひとつなのだが、オリジナル画像は私のうっかりミスで消却してしまった。なので、蜘蛛の巣だらけのFC2の過去記事から引っ張り出してきて貼り付けることに。(^^;

彼女の後姿が醸し出す空気が、私には何故か愛おしい。


撮影は2016年11月1日 裏山にて。


2020-11-04 09:13 : 裏山からの絶景&凡景 :

水墨山水画のような風景


  s-2014-10-18 062 (2)




            s-2014-10-18 035
            (撮影日 2014/10/18)



【私もまた 光と影の複合体として 山水画のように 余白を呼吸する生き者でありたい】


(胸に染み入るいい言葉だなと思い、この個所だけを雑記帳に書き留めておいたのだが、これを目にしたのは(多分)1990年代半ばという、ふた昔半も前のこと。今となっては残念ながら、誰の言葉だったのか思い出せない。)


  s-20171225_121702 (3)

  (撮影日 2017/12/25)




2020-09-26 00:59 : 裏山からの絶景&凡景 :

裏山からの眺望*秋の日暮れ時


  s-20171015_164758 (4)





  s-2016-02-21 032 (2)

↑上の1枚だけは撮影日が2016/02//21。夕暮れに入る少し前の風景なので、ここに間借りさせておくことに。 

他の3枚は裏山の秋が最高潮の2017/10/15に撮影





  

  s-20171015_171436 (5)








  s-20171015_173207 (4)

 





2020-09-19 07:46 : 裏山からの絶景&凡景 :

チューリヒ湖とアルプス


穏やかに晴れた2014年の晩秋。
裏山(ユートリベルク)に立ってチューリヒ湖と白く光るアルプスを撮影。




   s-2014-12-23 006
 
2020-09-10 07:08 : 裏山からの絶景&凡景 :

山並みの美しいシルエット 



          s-2015-05-31 022
          
「おらが村」の北東方面に見える↑ユートリベルクのことを、私は「裏山」と呼んで親しんでいる。何の変哲もない丘のような山だが、どっこい、そこからは(お天気さえ好ければ)絶景を堪能させてもらえるのだ。

 




 s-20161101-140759 (2)
  その裏山からの眺望。チューリヒ州の低山やアルプス↑

 
 
 


 s-20171015_174233 (2) 
 夕闇迫る裏山に立ち、アルプス方面を望む↑





 s-20181218_130101 (3)
 雲海と森が醸し出す墨絵ワールド/裏山にて↑

 





 
もう一枚、隣り村から見たアルプス。これは私のこの日の心象風景?(^^;
 s-2015-12-27 013 (2)







2020-09-03 07:00 : 裏山からの絶景&凡景 :
ホーム

お知らせ

最新記事

カレンダー

04 | 2021/05 | 06
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

QRコード

QR

RSSリンクの表示