アルプスにこだまするアルプホルン


 
 s-2013-07-21 027
        




          s-2013-07-21 024







            s-2013-07-21 043







 s-2013-07-21 045


写真撮影:2013/07/21  リギ山にて


2020-10-30 07:49 : スイスの風景   :

晩秋の風景 隣り村


s-20181111_150915 (5)


日本の秋も美しいけれど、スイスも美しい。

煤けた気持ちを透明にしてくれる「自然」の営みに、心から有難う!を言いたい。


晩秋の風景、今日は「隣り村」篇。






s-20181111_150436 (3)







       s-20181111_150649 (2)










s-20181111_154716 (5)






s-20181111_153921 (3)

(ここまでの写真は2018/11/11撮影)





  

  s-20181016_164137 (3)

  (2018/10/16撮影)


2020-10-22 07:55 : スイスの風景   :

もう一度撮ってみたい、この風景


今日は2013年の夏にハイキングの途中で撮影した2枚の写真がテーマ。

場所はSaas-FeeのSpielboden(2448m)。
このサースフェーの村は、ツェルマットからそんなに遠くないところにある。


さて、本当ならこんな大ボケ写真はとっくに消却してしまっている筈なんだけど、未だに捨てきれないでいる。


(1枚目の写真)
ベンチでひと休み中のハイカーの後ろで、彼女に寄り添うようにして1匹のヤギが寝そべっている。鎖も柵も何もない山腹を、日がな一日自由に動き回っている放牧ヤギだ。

多分、彼女はこの後ろにいるヤギには気付いていないと思う。
あの時訊いてみたくて仕方なかったのだが、やめた。

風景の中に溶け込んでいる彼女の気持ちを壊してしまいそうな気がして、喉元まで出かけていた声を奥に押し込み、私は静かにシャッターだけを押して、この場を立ち去ったのだった。





s-2013-07-14 008



          s-2013-07-14 007



(2枚目の写真)
東西南北、ぐるりと見回してみても、周りは切り立つ山々や岩壁や氷河の連なり。
写真には写っていないが、後方にはスイス最高峰のドーム(註1)も聳えている。

こんなにも雄大な自然を前にして、2人のシニア女性がまるで町の公園のベンチにでも座りこみ、孫の自慢話や亭主の愚痴でも言い合っているようなミスマッチな光景に私は心を動かされ、ほとんど衝動的にシャッターを押した1枚。




s-2013-07-14 011



私の腕は進歩していなくても、デジカメは当時よりも遥かに進化している(笑)。
あ~、この2枚と同じような風景を(できるもんなら)7年経った今、もう一度撮ってみたい!

もっとも更に7年が過ぎる頃には、また同じことをブーたれているに違いないのだが。(^^; 


*******************
【※註1:モンテ・ローザはスイスとイタリアにまたがる山塊群だが、4634mのこの山塊群最高地点はイタリア側にある。そんなわけでスイス国内の単独の山としては、4545mのドームが一番高い】






2020-09-02 07:04 : スイスの風景   :
ホーム

お知らせ

最新記事

カレンダー

04 | 2021/05 | 06
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

QRコード

QR

RSSリンクの表示