写真集*村がそのまま博物館

          s-20180709_144722 (2)



グアルダに惹かれて何度も通いつめたウンターエンガディン。

だが近ごろは段々アルデッツの方に想いが傾き始めている。(^^;


今のところ理由は2つある。

グアルダもアルデッツも建築様式などは全く同じなのだが、知名度の高いグアルダの方がそれだけ訪れる人の数も多い。

グアルダもそれを意識し始めたのか、素朴さが少し失われて、一昔前より垢抜けてきたような気がするのだ。

それとは対象的に、アルデッツにはスッピンの表情がある。観光客は殆どいない。静かだ。

今回ひしひしと感じたことだが、その静けさが古い建物や石畳の路地裏によくマッチしていて、それが私の乏しい想像力をも掻き立ててくれるのだ。


もうひとつの理由。

グアルダは人口160人強の極小の村なので、メイン通りを15分もうろつけば、もう村の端っこに立っている。

その点、420人ほどが住んでいるアルデッツは、村の規模がもう少し大きい。
路地裏も結構ある。

路地裏というのは魔法の空間だといつも私は思う。

あたかも「時」に置き去りにされてしまったかのような古い家々の間を歩いていると、私の「時」も村と一緒になって呼吸をしていることに気づく。



あの日の私は、アルデッツで不思議の国のアリスモードになって酔っていたのである。

それなのに‥‥。

「時間だよー。そろそろ出発しようよ」

20メートルほど向こうの角で、柱時計のような顔して夫が突っ立っている。

チッ! 呼吸を乱されてしまった。
_____________


  
  s-2015-08-21 039
  (↑この写真だけは2015/08/21撮影。この日は肌寒くお天気もあまり好くなか
   った。他の写真は全て2018/07/09撮影)  
   










  


  s-20180709_110521 (3)











  



          s-20180709_144701 (2)







  s-20180709_092236 (4)







          s-20180709_092404 (3)





          

          






  

        s-20180709_105738 (2)

  






              s-20180709_094336 (3)








          




  s-20180709_144113 (2)









           




  s-20180709_144928 (2)







                 s-20180709_145013 (3)

            











  s-20180709_093957 (4)






            s-20180709_110038 (2)



s-20180709_093337 (2)
              




  s-20180709_100854 (2)








  s-20180709_144141 (2)


  






  s-20180709_105836 (4)


グアルダは海抜1653メートル、アルデッツは1467メートル。
日本ならちょっとした山だ。
私の故郷の村に聳え立つ山は、小さい頃は「高いなぁ」とよく見上げたものだが、何と海抜300メートル余りしかない。(^^;




ヨーロッパランキング

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
にほんブログ村 2018-07-22 09:38 : 【写真/スイスの旅】 :

一冊の絵本のお蔭で名が知られるようになった村、グアルダ

  s-20180709_151702 (3)
  (写真は2枚ともグアルダ村にて2018年7月9日撮影)



一人旅に狂って以来、繰り返し訪れているグアルダだが、7月9日の訪問は久しぶりだった。

グアルダの隣り村アルデッツに立ち寄って、そこから歩いて夫とグアルダに向かったことは既に7月11日の記事に書いた。参考までにリンクを貼っておきます。

『虫に刺されてパンパンに腫れてしまった太もも』


グアルダもアルデッツもグラウビュンデン州のエンガディンと呼ばれる地方に属している。人口はグアルダが約160人、アルデッツが420人ほど。どちらも小粒の村だけれど、古い。

もちろん古い家屋が立ち並ぶだけの村なら、何もここじゃなくてもスイスのいたるところにある。あるのだが、このグアルダはスイス人の間では特に名が知られている。

その理由は、A.カリジェの絵本『ウルスリのすず』の舞台になったことだ(但し、『ウルスリのすず』の作者はグアルダ出身のヘンツ女史)。

で、カリジェはこの作品を始め6冊の絵本によって、絵本の世界では最高の栄誉と言われる『第1回国際アンデルセン・画家賞』を受賞している。

日本で彼の名が知られるようになったきっかけは「国際アンデルセン賞画家・カリジェと安野光雅展」が全国で開催されたことに拠るらしい。



実はカリジェについて書き始めると、昔トルン(彼の故郷)まで出かけて行ったこともある私としては、いろんな思い出が蘇ってきて、書きたい話がいっぱい出てくる。諦めよう。でないとこの記事の終点が見えてこなくなる(笑)。


あっ、そうそう。今回久しぶりにグアルダに行ってみて「おニュー」を発見。村のメイン通りのほぼ真ん中あたりに『ウルスリのすず』の博物館が誕生していたことだ。入らなかったけど。(^^;

今回の旅はちょっとした用事があってのことだったが、それでも写真だけは撮ってきた。整理が済んだら何枚かブログに残しておきたいと思う。




  s-20180709_144532 (2)




ヨーロッパランキング

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
にほんブログ村 2018-07-21 10:05 : 【写真/スイスの旅】 :

日本の猛暑が新聞の写真ニュースに

  s-2015-04-15 093
  (2015年ヴァーレン湖にて撮影)
********************


いくら猛暑とは言え、信じ難いほどの混雑ぶりをみせている日本のプール。

17日付けの『20minuten』に掲載された写真は「豊島園のプール」だそうだが、私も東京に住んでいた頃は時々出かけて行っていた場所だ。

当時も人気のプールの一つだったが、それでもここまで混んではいなかったように思う。その証拠にちゃんと泳げたもの。(^^;

この尋常ではない混雑ぶりは、やっぱり猛暑の影響だろうね。

あっ、そうそう。写真を見て驚いたことが一つ。

上から照りつける日射に対しては皆、完全無防備であることだ。

日除け用の帽子か何かで頭を保護している人が、だーれもいない。スイスの記者は本当にこの写真を日本で撮ったのかい?と疑いたくなるほど。(^^; 

というのも、日本からスイスへやってくるハイカーの殆どが、つま先から頭のてっぺんまで直射日光を避ける服装や装備で固めているからだ。


(ここで、ふと遠い目に)
そう言えば私は、もう長いこと夏に帰っていない。日本の夏を忘れかけている。

私が夏に一時帰国をした最後の年は、御巣鷹山で大惨事が起きた1985年。

えっ、あれからもう33年?! 絶句‥‥。髪の毛が逆立ちます(笑)。



さて話を元に戻すとして、その豊島園のプールの写真ですが、新聞からの撮影なので、とっても見辛いです。ご容赦下さい。




          

見出しの意訳
『熱波が日本人を 人でごった返すプールの水の中へと追い立てる』


s-20180717_140544 (2)





            



          s-2013-09-04 060
          (リギ山のレストランにて 2013年 撮影)



ヨーロッパランキング

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
にほんブログ村 2018-07-19 07:36 : 【暮らし/その他】 : コメント : 0 :

猛暑お見舞い&色分け気温図(欧州も結構燃えている)

  s-2016-03-17 010 (3)
  



日本ではやっと豪雨から開放されたと思ったら、今度は熱波の襲撃!


猛暑下の皆さま、心から【暑中お見舞い申し上げます。


日本気象庁の解説によると、大陸から張り出している「チベット高気圧」と、南からの「太平洋高気圧」の2つの強力な勢力が重なり合っていることが猛暑の原因になっているとか‥‥。

上の層には(略して)「チベ高」、下の層には「太高」が張り付いていて、このダブル高気圧がダブルで空気を暖め続けているらしいですね。そりゃ暑いはず。

ひょっとして「チベ高」と「太高」は恋におちたか? (^^;

なんて与太ってる場合じゃありません。


ヨーロッパでも猛暑に近い暑さになっているところが、結構あります。
今日(←こちら時間)の欧州気温図を無料新聞「20minuten」からお借りして下にアップしておきます。


          s-20180717_133844 (2)


猛暑の中を外出するときの熱中症予防にはミネラルウォーター梅干しアイスノンをお忘れなく。  

※「梅干し」は塩分用に。←これ、私の場合。(^^;

※ミネラル水に食塩を混ぜる場合は、1リットルにつき1グラムか2グラムが目安だとか。




  s-20180620_171153 (4)

ヨーロッパランキング

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
にほんブログ村 2018-07-18 05:46 : 【暮らし/その他】 :

【国際結婚*ハーグ条約】子供引き渡しの判決後、姿を消した母と子

          s-20180703_152153 (4)



7月17日に名古屋高等裁判所で開かれた裁判のハーグ条約に基づく判決が、ニュースとしてとりあげられています。

参考までに下にNHKのリンクを貼っておきます。

国際結婚をされている方、或いはこれからされる予定の方で関心のある方は、

 こちらからどうぞ。




※このブログ記事の「賞味期限」は一応今月いっぱい。その後、消却します。

ヨーロッパランキング

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
にほんブログ村 2018-07-18 04:49 : 【暮らし/その他】 :

お詫び <(_ _)>

  s-2014-07-03 053



夕食の片付けが終わってPCを立ち上げた拍子に、ハッと気が付きました(昨日のうちに気づかんかい>自分)。

以下は昨日の記事より引用

彼自身も「イスナー」と名乗っているが、これはまさにスイス人の発音。ドイツ人なら「イズナー」と「S」が濁音になる筈だから。

うそこげ>自分! この場合はドイツ語でもSは濁音にならへんやん。

誰かから指摘されたわけじゃなく、ホント、いま咄嗟に気付いたのです(ボケていても、時としてハッと正気になることがあるらしい 笑)。


まっ、長い人生、いろいろありますワ~。(^^;
これからもきっとありますぅ。
楽しみにしててね♪(なんのこっちゃ) 




  s-2014-07-03 001
  (グラウビュンデン州のレストランにて2014年に撮影)

ヨーロッパランキング

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
にほんブログ村 2018-07-17 04:53 : 【話題のつまみ食い】 : コメント : 0 :

罪を犯して米国に逃亡した人物の子孫

 この記事に関してお詫びがあります。こちらです。 

s-20180712_092750 (3)
  (写真撮影は2枚とも2018/07/12  シュタイン・アム・ラインにて)


********** **********
本当なら『村の村長を殺害して米国に逃亡した人物の子孫』とサスペンスもどきのタイトルにしたかったのだけれど、足を踏ん張って思いとどまった。(^^;

しかしこれは実際の話し。

その子孫にあたるのは、昨日の私のブログに登場したアメリカのテニス選手ジョン・イスナー。

彼のおじいちゃんのおじいちゃんの、そのまた‥‥。
いずれにしても、数百年前という遠ーい時代の出来事なので、とっくの昔に時効になっている(笑)。

実はこれは1週間ほど前にカフェで読んだスポーツ新聞の記事で知ったニュースなのだが、まさか新聞を持ち帰るわけにはいかないので、コーヒーを飲みながらチャチャッとメモをとってきた。(^^;


記事によると、ヴァルター イスナーという人物が村長を殺害して逃げた事実は、地元の歴史博物館にモニュメントのようなかたちで残っているという。

その人物がイスナー選手の先祖だということが分かったのは、専門家の研究と調査によるらしい。

が、残念。スポーツ新聞には調査の内容までは書かれていない。


実は10年ほど前にイスナー選手の名前を初めて耳にしたとき、Isnerは英語読みならアイズナーだと思うので、なぜスイス人と同じ読み方なんだろうと不思議に思ったことがあったのだ。

これでやっと解せた! 

彼自身も「イスナー」と名乗っているが、これはまさにスイス人の発音。ドイツ人なら「イズナー」と「S」が濁音になる筈だから。


連絡を受けてイスナー選手もびっくりしたようだ。

「(ルーツがスイスにあったことは)私にとって新しい出来事だ。私はロジャー(系註:フェデラーのこと)に話さないといけない。我々は何かを共有している。二人ともスイスにルーツがあるんだからね」


新聞の記事によると、彼も自分の根っこはドイツかスイスにあるかもしれないと思っていたようだ。

あたっていたわけだが、でもまさか、先祖が村長をバッサリやっちゃったなんて、想像だにしていなかっただろうね(笑)。

いやいや、遠い遠い昔の話し。(^^;




  s-20180712_090902 (3)



ヨーロッパランキング

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
にほんブログ村 2018-07-16 06:44 : 【話題のつまみ食い】 :

いくら伝統とはいえ、過酷(ウインブルドン)

 s-20180712_090829 (3)
 (トップ、ラストとも写真撮影は2018/07/12 本文とは関係ありません)

*****************



土曜日に持ち越された準決勝、ナダル対ジョコビッチ戦はジョコビッチに軍配があがった。

蘇ったか、ジョコビッチ! 

ナダル、ごめんよ。きみも好きなんだけれど、今回はジョコビッチを応援させてもらった。

彼は今ATP21位だが、落ちすぎ。この際ジャンプアップして、また男子テニス界を盛り上げてもらいたい、というのが応援理由。(^^;

それにしても熱戦に次ぐ熱戦で見ごたえのある試合だった。


さて、この試合についてはこっちに置いといて、今日は前日に行われたアンダーソン対イスナーの6時間36分にも及ぶ、もう一つの方の準決勝に付いて、ちょっと一言(‥‥で済むわけがない 笑)。


私の率直な感想を言わせてもらえば、ウインブルドン主催者(オールイングランドクラブ?)も、この辺でそろそろ伝統厳守を見直してもらいたい。

残酷だ!はチト言い過ぎにしても、しかし夏の日照りの中での6時間36分は、やはり過酷だと思う。

選手だけではない。観ている我々にとっても辛いものがある。

1人対1人なのだから、ドロドロに疲労困憊したとて選手を交代させるわけにはいかないのがテニス。

かなりの集中力を要するスポーツなので、普通の5セットマッチだって大変なのに、ウインブルドンではファイナルセットを差が2になるまで永遠に続けなければいけない。

ウインブルドンは伝統を守るためにこの昔の方式に固執してきたが、そろそろこの辺で最終セットのタイブレ制導入の検討に入ってもいいのではないだろうか? 

イスナーは8年前にもこの「永遠戦」(←私は勝手にこう呼んでいる)に遭遇している。

フランスのマウとの試合だったが、かかった時間が合計で11時間5分。テニスの最長試合時間として記録されている。こうなったらもう死闘そのものだ。



さて、明日の日曜日(日本時間では既に今日)の決勝は、アンダーソン対ジョコビッチという組み合わせになった。

アンダーソンはアンダーソンで(上記したように)6時間36分の過酷な試合の疲れがまだまだ取れていないだろうし、ジョコビッチはジョコビッチで準決勝を2日がかりでこなしたため中休みなしで決勝に臨むことになる。


どちらもボロボロの肉体を着けての決勝戦だ。
アンダーソンの方がボロ度は上だと思うが、さてどうなるか。

大変だとは思うけれど、ジョコビッチもアンダーソンも、どうか棄権だけは避けてもらいたい。

‥‥という私こそ、ひょっとして残酷なテニスファンか? (^^;


            s-20180712_164110 (3)

ヨーロッパランキング

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
にほんブログ村 2018-07-15 06:35 : 【話題のつまみ食い】 :

ヒートアイランド現象が熱中症を加速させる

  s-20180712_123218 (3)
  (写真は2枚とも2018年7月12日に撮影)



今日、午後1時半頃チューリヒ市内でトラムを待っていたときのこと。

モ~ンとした熱気のある暑さに、何度もフラフラと目眩のような症状が起きて吐きそうになった。

こりゃやばい! 熱中症じゃないか?
咄嗟にそう思った。

やってきたトラムには冷房が入っていたので助かった。

トラムの中で大急ぎで持参のミネラル水を、ごっくんゴックンと流し込む。


郊外でトラムからバスに乗り換える。
30分ほどでうちの村に着いて、バスを降りた瞬間、あれ?と思った。

直射日光の強さはさほど変わらないのだが、市内とここでは暑さの質がまるで違うのだ。

うちまで歩いている時に、ハタと気がついた。 

あれはヒートアイランド現象による熱中症の前兆だったのではないか?

あの停留所の前後左右を二重三重になって狭い車道が走っている。
昼食時間が過ぎた直後だったこともあってか、少し渋滞していた。
そこへ降り注ぐ強烈な日差し。


専門家による研究報告「ヒートアイランド現象の影響と問題点」にはこう書かれてある(抜粋引用)。

「ヒートアイランド現象は‥(途中省略)‥熱中症の発生やこれによる死亡など都市の高温化と健康被害の相関関係が明らかにされている」

「ヒートアイランド現象による高温を回避するために冷房を使用する結果、一層の二酸化炭素排出量の増加がさらなる高温化をもたらすという『負のスパイラル化現象』が生じている」

「(ヒートアイランド現象は)加えて冬期の大気汚染の助長、‥(略)‥集中豪雨等の被害をももたらしている」

そうなんだよね。
分かっちゃいるんだけれど‥‥。

スイスでも公共の施設などでは冷房を入れるところが年々多くなってきている。
現時点では住宅にはまだ殆ど入っていない。
が、このまま温暖化がどんどん進んで行けば、どうなるか分からない。

いずれにしても、ここまで超文明化してしまったら我々人間は、もう後戻りなんかできっこない。

哀しいサガだね。

            s-20180712_174332 (2)
今の今まで、てっきり猫だと思っていたが、よく見るとヒゲがない(笑)




ヨーロッパランキング

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
にほんブログ村 2018-07-14 07:00 : 【暮らし/経済&健康】 :
ホーム  次のページ »

ブログランキング&ブログ村

お知らせ

できるだけ多くの人に教えてあげた方がいいような情報や、間違いを指摘して下さったメールなどは、承諾を得た上でブログに転載させていただくこともあります。コメント欄は必要時以外は閉じていることの方が多くなりますが、あしからず。

カレンダー

06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR

RSSリンクの表示