私にとって「ブログ」とは

s-20170921_131546 (3)


「羨ましい。系さんはブログを書いて、ストレスを発散させられるんですか?!」

以前、ブログ仲間からそう言われたことがある。

そうらしい。私のストレスは何か書いていると、解けて消えて行くようだ。

でも、誤解しないでいただきたい。
何でもかんでも書きさえすれば解けていく‥‥というわけではない。 
そこまでは甘くないのだ。(^^; 


この辺の事情には説明をつけ加えておく必要がありそう。

まず最初に、私にとってのブログの長所について。
これを3つ挙げるとすると、次のようになる。

(1)誰にも気を遣わなくてすむ。これはブログの一番の長所かもしれない。

私は田舎育ちだから、やたらめったら人に気を遣うことを要にして育てられてきた。これは結構ストレスが溜まるもの。その点、ブログは気遣いから開放されて心の底から愉しんで書ける。

(2)好きなテーマで好きなことが好きな時間に書ける。

(3)誰にも気を遣わず好きなことを好きな時間に書いて、それをこの地球上のあらゆる方向に向けて発信することができるのだ。私にはたまらない快感である。

だから、誰にも読ませない旧式の日記のようなものを秘密でコツコツ書くのは、私のような人間には不向き。


次に、書く内容について。

私の趣味の一つにユーモアがある。
これは母親から譲り受けた遺伝子によるものであって、決して私が努力をして獲得したものではない。

但しユーモアと言っても、私の場合は「与太話」とか「おばん(おやじ)ギャグ」とか「バカ話」とか、軽石系の内容に限る。ブラックユーモアのような重石系は、私の軽い頭からは出てこない。つまり、そこまでの遺伝子は譲り受けていないのだ。好きなんですけどね、ブラックユーモア。

とにかくバカ話を書いていると、ストレスが緩和されることは確か。


だけど一言一言に神経をつかうような気難しいテーマの記事を書くときは、そうは行かない。

たとえばの話として、難民問題などそのよい例だ。そういうテーマは自分を奮い立たせるためのカンフル剤になるかも知れないが、カンフル剤が効きすぎて、逆にストレスを背負いこむことにもなりかねない。

私はストレスに弱い人間なので気難しいテーマを扱うときには覚悟が必要だ。書きたいテーマなら、それこそ掃いて捨てるほどもあるんだけど、書き始めると、アブナイあぶない(笑)。


今のところ私にとってブログを書くということは、ズバリ、ストレス緩和のため。またいつかコロッと変わるかもしれないけれど。(^^;



s-20170921_141555 (4)



ヨーロッパランキング

2018-07-07 08:50 : 【道草プロフィール】 :
ホーム

ブログランキング&ブログ村

お知らせ

できるだけ多くの人に教えてあげた方がいいような情報や、間違いを指摘して下さったメールなどは、承諾を得た上でブログに転載させていただくこともあります。コメント欄は必要時以外は閉じていることの方が多くなりますが、あしからず。

カレンダー

06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR

RSSリンクの表示