(3)日本人には内臓脂肪、白人には皮下脂肪がつきやすい

 s-20161022-134131 (3)
 (2016/10/22 裏山の森で撮影)


日本で暮らしていた頃は他人事だった皮下脂肪に内臓脂肪。何度も書いてきたように、食生活の激変が原因で私の体質も変わってしまった。


とは言え、ほんの少し前までは体重も50kg内には収まっていたのである。
それがこの夏にはとうとう一線を超えてしまったのだ。(^^;
それでもBMIの数値からすると、まだまだ今でも安全圏に留まってはいる。 


そう言えば我々日本人を始め東アジア人の中には、太っている人があまりいない。
こちらの太っている人に比べれば、日本人の太り方など、たかが知れている。


私が初めてイギリスを訪れたのは1980年という遠い昔のことだが、その時にまず驚いたのが太っている人の、その太り方。風船をパンパンに膨らませたような体型の人をしょっちゅう見かけた。


当時の私には、どうしてあんな太り方をするのか知る由もなかった。


こんにちの研究では、白人はどんなに肥満しても内蔵脂肪がつきにくいという結果が出ている。そのかわり皮下脂肪がたっぷりつくらしい。その原因はまだ完全には解明されていないようだが‥‥。

推測として、風船のような太り方をしない東アジア人は「伝統的に脂肪を大量に摂取してきた欧米人とは異なり、脂肪の少ない食生活を続けてきた」。

そのため「皮下脂肪をためる能力が発達しておらず、内臓脂肪のかたちで蓄積してしまう可能性がある」という(『西洋人とはこんなに違った日本人の体質』から引用)。


要するに長い年月の間の食生活の違いが「遺伝的素因」まで変えてしまったということらしい。



いずれにしても、内臓脂肪をためこんでもロクなことがないのは確かだ。

肥大化した脂肪細胞は血管を始め細胞や臓器や筋肉など、あらゆる体の機能を下げてしまう。

例えば、インスリンの効き目を悪くする物質が突き止められたというが、何とこの物質を分泌しているのが内蔵脂肪だという。

さらに内臓脂肪がどんどん増えてくると、当然、悪玉物質の分泌の方も活発になってくる。そしてやがては、体の到るところにガタが出始める。


私の場合、そのガタが出てきたところが「心臓」だった。で、救急車のお世話になる破目に。


50代という、普通ならまだ女性ホルモンに守られているはずの年代で、私は「心筋梗塞」を起こしてしまったのだ。

_____________________
というところで、今夜はキーボードを置きます。
_____________________

※台風の進路にあたっている所にお住まいの皆さま、十分お気をつけ下さ~い!



         s-20180923_133324 (2)
         (2018/09/23 「おらが村」にて撮影)

ヨーロッパランキング

2018-09-30 07:50 : 【暮らし/健康・その他】 :

ブログ記事を書きためられないのは たまらない(←これ、掛けことば 笑)

 s-20171015_171319 (3)
(2017/10/15 裏山ことユートリベルクから夕日が沈むころのチューリヒ湖とアルプスを撮影)

____________________
私には「へそくり」のほかに、ためられないものがもう一つある。

それは、書きもの。 つまり、ブログ記事を書きためておくことが出来ないのだ。

書きたいテーマならワンサとある。頭の中でネタがダンゴ状になって、押しくらまんじゅうをしているほどだ。

それならこのブログには「予約投稿」機能が付いているのだから、時間のあるときにでも少しずつ書いていけばいくらでも書きためられるんじゃないの?

普通なら誰だってそう思うだろう。

ところが私の場合は、そう簡単には行かないのである。

書きためるために書こうとすると、パンクした自転車のタイヤのように、頭からプシューと空気が抜けてネタが原型を留めないほどにフヤケてしまうのだ。


これじゃあ、たまらない(←これ、掛けことばのつもり (^^;)。


だから一旦記事を書き始めたら、おしまいまで突っ走って書き上げて更新するか、或いは切りのいいところで止めて、書いているところまでを公開してしまうかするしかない。


これじゃあ本当に たまらない。(^^;


あれこれ考えてみた結果、一つだけ分かったことがある。

私はガケっぷちに立たないと、書くことに集中できないタイプの人間なんじゃないか?

これは多分、才能のなさに起因しているような気がする。

才能がないから、いきおい、火事場‥‥、否、ガケ場の馬鹿力を借りて書かざるを得なくなるのではないだろうか。(^^;




       



       s-20171015_105016 (6)
       (2017/10/15 撮影)

ヨーロッパランキング

2018-09-29 07:57 : 【ひとりごと】 :

(2)スイスのスーパーにお目見えした日本食品の第一号

s-20180124_182021.jpg



_______________
※前回(1)の記事(9/26)の要点↓
日本で暮らしていた頃とこちらで暮らすようになってからの食生活の激変によって、体重が暴走し始めたこと。
_______________
          
       『スーパーにお目見えした日本食品の第一号』

1980年代の初め頃だって、作ろうと思えば和食は作れた。
私のスイス初上陸とほぼ時を同じくして、チューリヒ市にも小さいながら日本食料品店がオープンしたからだ。

ただ店の規模は小さくても、値段の方は大きかった(笑)。しょっちゅう私好みの日本食を作っていたら、私の体重は安泰だったかもしれないが、エンゲル係数は確実に地獄の屋根を突き破っていただろう。

当時の我々夫婦も若かったが、それに負けず劣らず夫のサラリーも「若かった」。いやいや、今でも後者の方は「若さ」を保っているのだが。(^^;

今でこそ海魚や介類も、日本のスーパーに入るのとさほど変わらぬ速さでスイスの店にも入荷する。だけど1980年代あたりはそうは行かなかった。

鼻がもげそうになるくらいの強烈な臭いに、魚を買うどころか、売り場の近くを通ることすら私は躊躇ったほどだ。

ましてや海の魚とはほぼ無縁で生きてきた当時のスイス人には、とうてい勤まらない売り場だったに違いない。そこで働いていた外国の店員さには心から同情したものである。


さて、スイス暮らしも4年ほどが過ぎたある日のこと。
ある調味料を探していた私の目の端を、何やら日本語の文字がかすめたような気がした。で、気がした方に首を向けると、何とあの赤い帽子の卓上醤油が置いてあるではないか!

「きみはいつからここにいるんだい?!」 

感動のあまり赤い帽子の前に立ちつくし、「キッコーマン」の文字面を穴があくほど見つめ続けたものである。

これが私が記憶する「スーパーにお目見えした日本食品の第一号」であった。

そっと手に取り原産国を確かめてみたら、フィリピンと書かれてあった。

日本食品第二号は、豆腐。スイスのどこかの工場で製造されたのだと思う。
我々日本人からみると煮ても焼いても食べられそうにない代物ではあったが、小躍りしたくなるほど嬉しかったことを覚えている。

その後しばらくは目新しい動きはなかった。まだまだあの頃のスイスの「時」はゆっくり流れていたのだ。

それがインターネット時代に突入するや、何もかもが一変した。

更に動きが激しくなってきたのは、やはり21世紀に入ってからだった。


今じゃあスーパーには、そこにあるのが当たり前のような自然さで、海藻サラダや糸コンニャクやミリン焼きの米菓まで並んでいる(笑)。

それなのに‥‥。

うまくいかないものだ。日本ではトーストすら滅多に口にしない和食一辺倒だった私が、今ではスイスの食にすっかり慣らされてしまっている。

もちろん今でも一時帰国すると、イの一番に「焼き魚定食」を食べさせてくれるレストランを探して飛び込む。だが、だからと言って、スイスに帰って来てからもその思いを引きずるということはない。

頭のスイッチをパチッと切り替えられるようになってしまったのだ(泣)。スイスにはこんなに和食の食材が溢れているというのに。

日本で暮らしていた時、一度だけ口にして、その不味さに二度と触れることのなかったチーズだが、今ではチーズなしでは生きられない。

そしてこのスイス流の食生活が、生粋のメイドインジャパンの私の体を狂わせ太らせているのだと思う。


「マジで、どないかせんと五臓六腑が脂肪だらけになりまっせ、系さん!」 
               ↓


   s-20180408_174424 (2)

ヨーロッパランキング

2018-09-28 07:49 : 【暮らし/衣食経済】 :

朝霧たなびく幻想的な「おらが村」の晩秋

今日の写真はすべて2017年11月1日 「おらが村」にて撮影

s-20171101_090506 (2)








s-20171101_093926 (3)









s-20171101_084653 (3)









s-20171101_103604 (2)









s-20171101_101241 (3)











s-20171101_103352 (4)











s-20171101_110052 (3)











s-20171101_102819 (3)

ヨーロッパランキング

2018-09-27 06:21 : 【秋】 :

(1)スイスの食生活で狂ってしまった私の体質

  s-20171013_104133 (5)
  (2017/10/13 ベルナーオーバーランドにて撮影)

*****************************************


せっかく春には体重が落ちてくれたのに、今度は夏太りをしてしまった。

それも7月最後の週から休暇に入る前までの僅か1ヶ月ほどの間に、2キロ近くも太ってしまったのだ。

内臓脂肪が問題になっている私には、ちょっとヤバイ増え方である。

そもそも僅かな日数で体重が、高層ビルのエレベーター並みに上がったり下がったりするようになったのは、スイス生活が始まってからである。

食事内容が激変して体質が変わってしまったのが原因であることは疑う余地もない。日本で暮らしていた時には和食一辺倒という偏った食生活をしていたのだ。

別に健康のためとか節約のためとか、そういう大義名分を掲げていたわけではない。幼児の頃からずっと続いてきた食生活のレールの上を、そのまま走っていただけの話である。

一人暮らしのときの朝食の献立はというと、あったかゴハンに何か光り物の焼き魚、作りおきの惣菜(ひじきや切り干しダイコンなどの煮付けとか、ワカメとキューリとタコの酢の物とか、しらす大根おろしとか‥‥ 笑)そしてお味噌汁。

これだけあれば、朝ごはんにはもう何も欲しいと思わなかったのだ。だから一般的な日本人家庭のように、トーストに茹で卵にフルーツサラダという、いわゆる洋風の朝食など食べた記憶がない(笑)。

当時は1食や2食抜かそうが大食いをしようが、殆ど体重に変わりはなかった。変わったとしても、放っておけばまたすぐに元に戻るという体質だったのだ。

それが、スイスで暮らすやいなや‥‥(書かずとも容易に想像していただけると思うので省略します)。


ある日を堺に食生活の内容が、私ほど激しい変わり方をした人間も珍しいのではないだろうか。

いくら親から太りにくい体質を受け継いでいたとはいえ、この激変に体質が着いて行けよう筈もないのだ。悲鳴をあげて狂ってしまうのが落ちである。

3ヶ月が過ぎた頃、まず最初に現れた異常が蕁麻疹。拷問を受けているような痒みに、のたうちまわるような体験をした。

その次に来たのが、それまでの人生で経験したこともないほどの体重の増加。10kg増なんて、それこそあっという間だった。


1年後、初めて一時帰国をしたとき、寄り道もせずにまっすぐ飛び込んだのが、東中野の馴染みの定食屋。

私の姿を見るなり、おばちゃんもおじちゃんも「あっ!」と声をあげたっきり何も言えなくなってしまった。

やっとかけてくれた言葉がこうだ。

「あらまぁ、ふくよかになって別人みたいだねぇ」とおばちゃん。

「スイスはほら、空気がきれいだろ? 何でも美味しく食べられるんじゃねーの?」とおじちゃん。

「やっぱりチーズやバターをたべるのかね?」

で、おじちゃんのトドメの一発。

「それにしても太ると老けるもんだねぇ。感心するよ。○○ちゃん、7歳は老けたんじゃねーの?」


ガ~ン!
_________________________


※これで、おしまいではありません。(^^;
この続きはまたいつか書きます。



s-20180917_133953 (2)
  (2018/09/17撮影)
  

ヨーロッパランキング

2018-09-26 06:45 : 【エッセイ/二つの国の狭間で】 :

ころっと忘れていた「中秋の名月」

          s-2016-02-21 058 (4)

今日は中秋の名月。
ころっと忘れてました。

今、お風呂上がり。
撮影は断念。

せめて満月の過去写真でも貼り付けて月に思いを馳せるとしましょう。
ドビュッシーの『月の光』でも聴きながら‥‥。

えっ、ちょっと違います?(^^;



私がドビュッシーをいいなと思えるようになったのは、まだつい最近のことです。


すりガラスを一枚隔てた向こうで色彩が微妙に変化していくような演奏が美しい。

ほのかな気配のような色彩性がドビュッシーの音楽にはよく似合う。



これこれ、これだよ。まさに言い得て妙♪

大急ぎでメモをとったのはいいのですが、残念ながらこの言葉の主が誰であったのかは忘れてしまいました。

作家の奥泉光だったような気も‥‥。でも、自信なし。


 



 
 s-2015-10-25 064 (4)
 

ヨーロッパランキング

2018-09-25 06:23 : 【暮らし/伝統・文化】 :

下半身の筋力の衰えを簡単な動きでチェック(厚生労働省指針)

  s-20180914_163654 (4)
  馬力なら我々に任しといて! 2018/09/14撮影)



下半身の筋力が衰えるとホンのちょっとした動きでも故障の原因になったりする。

うちの近所の村に住むAさんは40代の日本女性。まだまだお若い。(読んでくれているかな?笑)


けれど車での移動が多くなったりPCの前に座っている時間が長くなったりで、体を動かす機会がめっきり少なくなっていたという。

で、或るスポーツクラブに入会した。元々彼女はスポーツウーマンなのだ。

ところがこの夏、運動中にちょっとした動きをした弾みに靭帯を切ってしまったらしい。(もう良くなられたかな? でも、引き続きお大事にね。)


そこで今日は自分の下半身の筋力が現在どれくらいの位置にあるのか、チェックしてみるためのテストをご紹介したい。

そのテストというのは、「椅子に座って立ち上がるのを十回繰り返し、掛かった時間を計る」という超簡単なものだ。

うちにはストップウオッチなんて気の利いたものはないので、秒針のついた大きい目覚まし時計を目の前に置いて時間を計った。 


(1)背筋を伸ばして椅子に座る

 
(2)両手は腕の前で組む

 
(3)膝が伸びるまで立ち上がる

 
(4)すばやく(1)に戻る

 

(1)~(4)10回で出た結果が、
男女とも20~30代は10秒、40代は11秒、50代は13秒、60代男性は14秒、同女性は17秒以上かかると、筋力不足の可能性があるという。

(厚生労働省「健康づくりのための運動指針」より。  
2018/09/ 付け「東京新聞電子版」からの引用。)








私もトライしてみたのだが、何と「11秒」と出た! 自分でもびっくり。

頭や心臓や腰まわりには問題があっても、私は元「山ガール」である。太ももなど脚力には今でも(ほんの少しだけど)自信がある。

歩いていないと生きた心地がしないというくらい、ハイキングとかウオーキングとか、とにかく歩くのが好き。

それが幸いしてシニアでありながらこの結果が出たのだと思うが、しかしこの脚力は母方の祖母から受け継いだ遺伝子によるものであって、間違っても私が努力して獲得したものではない。(^^;


  


  

  s-20180914_170830 (2)

  ワンりょくなら ボクに任しといて! 2018/09/14撮影)

ヨーロッパランキング

2018-09-24 05:07 : 【暮らし/健康・その他】 :

ドキッ!お酒に弱い女性は骨折リスクが増大するって? 

       s-20180829_135309 (2)
       (2018/08/29 我が家にて撮影)


何を隠そう、私は下戸である。

それでも若い頃はビールを買い込んでひとりチビチビ飲む練習もしたし、行きつけのスナックには期限なしでボトルも置かせてもらっていた。

だけど、美味しいと思って飲んだためしなど一度もないのだ。

仲間たちが顔の筋肉をゆるゆるにして飲んでいるのをみて、嫉妬のあまり皆の顔が下膨れのウイスキー瓶に見えてきたりもした。

もしかすると、私の味覚バーツは欠陥品じゃないのか?と疑ってかかったことすらある。


だがしかし、歳は取ってみるもんだ。

歳を重ねる毎に私もドンドンもの分りのいい人間(または、自分の都合の良い解釈ができる人間)になってきたのだから。(^^;

《美味しいと感じないということは、脳の司令塔が注意を喚起して警鐘を鳴らしてくれているからじゃないの?》というふうに。



去年の春のこと。
新聞社の電子版で見つけたサイエンスニュースを読んでいて、思わず自分の膝をたたいてしまった。

慶応大学などの研究チームが、英国の科学誌『サイエンティフィック・リポーツ』に発表した研究&調査報告だ。

女性の場合、更年期が終了すると骨粗鬆症のリスクが高くなってくることは、今どき誰しも知っている。

それに、アルコール分解酵素をつくる遺伝子の働きが生まれつき弱い人は、アセトアルデヒドをうまく分解できないのでお酒に弱くなるというのも、もうたいていの人が知っている。

だけどお酒に弱い人がお酒を飲むと、骨粗鬆症リスクが更に増えてくるという研究結果は私にはおニューだった。


細かいことは省かせてもらうとして、研究調査(マウスをつかっての研究+人間でも骨折したことのある人としていない人など、大勢の人の遺伝子チェック)の結果だけを書くと、上記の遺伝子が弱い女性の骨折リスクはそうでない人に比べて、2.3倍も高くなるというのだ。

要するにお酒に弱い体質の人が大量に飲酒すると、飲める人より骨がモロにモロくなるということらしい(ダジャレを言ってる場合かい)。


今から考えると、私の脳の司令塔は「あんたは飲んだらあかん。あぶないデ」と、ちゃんと正しい情報を送ってくれていたのである。v(^^)v


けど、ヨーロッパで暮らしていてワインが飲めないというのも何だかなぁ(^^;

_______________________________
(2017/03/27付けの朝日新聞電子版のニュースを参考にさせてもらいました)


  



  s-20171001_135528 (3)
  (2017/10/01裏山にて撮影)




ヨーロッパランキング

2018-09-23 05:02 : 【暮らし/健康・その他】 :

インターネット作業を少し軽くします。

 s-20170921_145904 (3)
 (アムデンにて2017/09/21撮影)


昨日の記事に書いたような事情もあって、ランキングに関連する作業をちょっとだけ少なくしようと思います。

その一環として今日から暫くは、ランキングに参加するのは「人気ブログランキング」1ヶ所に絞ります。

と言っても「ブログ村」を退会するわけではありません。ランキングをお休みするだけです。

ブログ村の「ライフスタイル」に沿う内容の記事がまた溜まってきて、私の気持ちがそちらになびいて行ったら、今度は逆にすることも考えています。


そんなわけで、当分は「人気ブログランキング」の方に1票を投じていただければ
とっても有り難いです。

どうぞ宜しくお願いします。



       
  s-2013-11-08 015
  (「おらが村」にて2013/11/08撮影)   


ヨーロッパランキング

2018-09-22 06:11 : 【お知らせ】 :

PCの液晶画面をみていると眼がヒリヒリしていた休暇前

  s-20180916_132505 (2)
  (2018/09/16 うちの近くで撮影)
**********************************

PCの液晶画面をみていると眼に痛みが走るようになって1年強になる。

いつもというわけではない。ディスプレイをみる時間がホンの少しでも長くなると出てくる。

それを無視して続けていると痛みはヒリヒリからチクチク、そしてキリキリに変わってくる。

PCと縁切りすれば痛みとも縁が切れるのだろうけれど、今日び、母国を離れて暮らす私のような者には、インターネットなしで暮らすのはもう不可能に近い。

そこで私は考えた。インターネットと縁を切らずに末永くお付き合いしていくためにはどうすればいいのか?

今のところは次の二つの方法を実行しているに過ぎないが、でも効果はあった。

一つは、時々お休みをとって眼に優しい環境の中で過ごしてみる。

例えば森林浴をしながらウオーキングをしてみるとか、木々の葉をパラソルにして読書三昧で過ごしてみるとか‥‥。紙の本なら長時間文字を追っかけていても痛みは出ない。

今回も休暇をたっぷり取ってそうしてきたお蔭で、少なくとも今は痛みとは縁が切れている。

それじゃあ休暇中はPCとは完全にキョリを置いて過ごしていたのか? 
というと、とーんでもない。今さらそんな仙人のような暮らしが私に出来ようはずがない。(^^; 

PCに向かう時間を1日あたりの合計で1時間半、最長でも2時間までとして、休暇中の3週間はこれを自分に厳しく課してきた。

どうやら上手くいったようだ。

その一日合計1時間半(or 2時間)内という短時間に私がしてきた内容を下に挙げてみると;

(1)日本とスイスのニュースの拾い読み。それから各新聞社のお気に入りのコラムを速読する。眼が回りそうだったが痛みは出なかった。(^^; 

そもそもメカ嫌いの私がインターネットを始めるに至った動機は「日本の出来事を日本語で読みたい」だったのだ。なのでこの(1)は外せない。


(2)優先順位が(今のところは)ほぼ上記の(1)と同等くらいの位置に来るのが「ブログ」。休暇中も、10分ほどで作業を終わらせることを前提に、ブログで与太って遊んでいた。(^^;

私にとってブログは「快」のホルモンを量産してもらえる栄養剤なのだ。ストレスの緩和剤にもなる。だから時々お休みはしてもやめるわけにはいかない。

ブログはその行間に自分の醜い姿も美しい姿も映し出してくれる鏡のようなものである。と同時に、私をよく理解してくれる親友のようなものでもある。

えっ?書いているのは自分だから自分のことはよく理解していて当たり前って? とーんでもない。

これまでブログを書いてきて、どれだけ多くの未知の自分に出会えたことか! ブログは実に面白いし愉しい(それと同じくらいの怖さもあるけれど(^^;)。 


(3)ブログランキングに参加するなら、一人でも多くの閲覧者に発見してもらえる場所を確保したいと願うのは自然なことだと思う。

確保するにはブログ仲間やブログフレンド(同じことかW)の助けが必要である。助けてもらえるのであれば、私も「助け舟」を出して手を差し伸べたい。そのために割く時間はランキングに参加している以上、削れない。


この3点が「目病み女」が休暇中の1時間半~2時間の間に、インターネットを通して行ってきた主な内訳である。(^^;

**********
尻切れトンボのようになってしまったけれど、長くなってきたのでこの辺で更新することに。
**********


昆虫の背中の模様が↓どこかのおじさんの顔に見えて仕方ない。
これ、休暇中に一度貼り付けた写真なんだけど、もう一度‥‥。(^^; 
(2018/09/16 うちの近くで撮影)


 s-20180916_132945 (4)
  

ヨーロッパランキング

2018-09-21 06:41 : 【暮らし/健康・その他】 :
ホーム  次のページ »

ブログランキング&ブログ村

お知らせ

できるだけ多くの人に教えてあげた方がいいような情報や、間違いを指摘して下さったメールなどは、承諾を得た上でブログに転載させていただくこともあります。コメント欄は必要時以外は閉じていることの方が多くなりますが、あしからず。

カレンダー

08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR

RSSリンクの表示