晩秋のひとこま in おらが村


s-20171114_163602 (3)

(撮影 2017/11/14)








s-20171112_163038 (3)

(撮影 2017/11/12)










s-20201030_165143 (3)

撮影 2020/10/30 ←そう!撮りたてホヤホヤ写真 (^^;




2020-10-31 07:44 : おらが村 夏&秋 :

アルプスにこだまするアルプホルン


 
 s-2013-07-21 027
        




          s-2013-07-21 024







            s-2013-07-21 043







 s-2013-07-21 045


写真撮影:2013/07/21  リギ山にて


2020-10-30 07:49 : スイスの風景   :

毎日が小旅行モード

s-20171121_153957 (2)



晩秋の「おらが村」を走る郵便バス↑↓ 2017/11/21撮影



s-20171121_160058 (2)



春の新緑に秋の紅葉や黄葉。
田舎で暮らしていると、春と秋には森の色彩が日ごとに変化していく様子が手に取るように分かる。

最近私は用事があって、よくチューリヒ市まで出かける。その際、列車よりバスを利用することの方が多い。

列車の窓から風景を遠目に眺めるよりも、この時季には季節の真っ只中を走るバスの方がワクワクするからだ。

うちの村から市に入る直前までの20分ほどの間に、バスはいくつもの草原や森を走り抜ける。

10月も下旬になると樹々の色彩の変化が速く、昨日と今日とでは風景が全然違うこともある。


コロナ禍でこの秋は遠出ができないので、黄色い郵便バスに揺られて出かける20分余りは、私にとって小旅行モードでたのしめる貴重な時間だ。




 s-20171016_120909 (4)
        





下の写真は↓郵便バスの一番前に座って秋の風景を楽しんでいる、お行儀のよいスイスの乗客





          




          s-20181121_123238 (2)




2020-10-29 04:00 : 暮らしの写真 :

冬のご馳走 ビタミンD


        東スイスでは最も有名な山、センティス↓
        s-20181114_141435 (2)

11月も中旬になれば標高2500の山頂では、もう凍えるくらい寒い。

ところがこの年の11月14日は、風もなく穏やかな日差しがセンティス山頂に降り注いでいて、夫も私も存分に日光浴をたのしむことができた。

霧の日の多い晩秋から冬にかけてのチューリヒでは、日光不足に陥ることも少なくないのだ。この日の山頂ではビタミンDが何よりのご馳走だった。

行きも帰りもロープウエイを利用。


         s-20181114_132242 (2)





         s-20181114_124245 (3)





センティス山頂からの眺望
s-20181114_112050 (4)







s-20181114_112038 (3)






s-20181114_124551 (3)






s-20181114_130755 (4)






s-20181114_131705 (3)

撮影:2018/11/14




2020-10-28 07:07 : スイス二人旅 :

もう一つの眼で見た晩秋


      s-20191124_140639 (3)   










         s-20191124_135647 (3)



 




        s-20171111_173200 (2)



         





          s-20191116_161129 (2)


撮影場所は「おらが村」 
1番目と2番目の撮影日、2019/11/24
3番目は2017/11/11
最後の写真は2019/11/16

2020-10-27 05:46 : おらが村 夏&秋 :

秋の落としもの in 「おらが村」


        s-20201025_133028 (2)

       


           (撮影 2020/10/25 ↑↓)




s-20201025_132430 (2)









        s-20171111_172934 (3)

        (撮影 2017/11/11)



2020-10-26 06:44 : おらが村 夏&秋 :

今日から冬時間


 s-20181114_105058 (3) 


日本とスイスの時差が7時間だった夏時間から、8時間の時差になる冬時間が今日から始まる。

スイスで夏時間が導入されたのは1981年。
それより3年前の国民投票ではスイス人の大半が導入には反対したらしいのだが、スイスは周囲の国々と陸続きであるだけに妥協せざるを得なかったようだ。

それが今、EUでは2021年をもって夏時間を廃止する動きが出ている。

理由は考えられていたほどには省エネ効果がなかったこと。
それに加えて健康上のデメリットも浮上してきた。時間が切り替わるたびに体内時計が狂う人も少なくないらしい。

いずれにしても今日からは冬時間。
日本がお昼12時にはスイスではまだ朝の4時ということになる。

けれど、このブログ記事を書いている今はまだ夏時間。冬時間に切り替わるのは、2時間後の午前3時。この午前3時に時計の針を1時間戻して2時にするわけだ。(^^;

何でこんな中途半端な時間に切り替えるの? 

理由は簡単。一日のうちで人の移動が一番少ない時間帯だからだよ(笑)。



s-20181114_144140 (4)




s-20181114_144152 (3)




s-20181114_161223 (3)





s-20181024_192234 (5)









2020-10-25 05:32 : その他 :

行きつけのスーパーマーケット 季節のパネル写真


チューリヒ市内にある行きつけのスーパーマーケットの 秋の飾り付け。

ここは1階から5階まで吹き抜けになっていて、風通しの好い、なかなかおしゃれなスーパーだ。

 
         
          s-20180915_145806 (2)



 



 s-20180915_142444.jpg


 
下の写真は上と同じスーパーの食品売場で、初夏に撮影。パネル写真はコスモス。

日本と違ってスイスではコスモスは夏の花。7月から9月頃までが見ごろ。驚くほど乾燥に強い。

数年前の夏、1カ月半も雨が降らず、牧草地の草花も庭の芝生も枯れてしまったことがある。そんな中でコスモスだけが薄紅色の微笑みを浮かべて涼しそうに揺れていた。

そのかわり湿気には弱いらしい。だから日本では夏には咲かないのかな? そもそもコスモスの原産地は、メキシコの高原だという。

 



 s-20180619_133322 (3)







              付録 (^^;

s-20200914_111639 (2)

 










2020-10-24 07:13 : 暮らしの写真 :

恐ろしいスピードで後退して行く山岳氷河

我々夫婦がグラウビュンデン州にある、このモルテラッチ(Morteratsch)氷河を訪れたのは2013年の9月23日。今から7年前だ。

ここ数年は加速する温暖化の波に引っぱられて、スイスの氷河はこれまでにないほどの勢いで融解し続けている。

この氷河の末端(スイスでは「ツンゲ(舌)」と呼んでいる)も、今ではこの写真よりもずっと後退しているはず。


写真の↓手前の辺りは、数十年前までは氷河の末端だった。


s-2013-09-23 019


【多くの氷河が急速に後退し、その後に露出する荒れ果てた土地には確実に植物遷移の最初の兆候が見られた。

気の遠くなるような時間をかけながら、いくつもの植物の世代が交代し、いつかここに森が出現する。

そして同時にもっと長い地球的な時間をかけながら、陸地は少しずつ狭まっている。

僕たちは今、海が満ちてゆく時代に生きているからだ】

(星野道夫・著『イニュニック《生命》』より引用)



s-2013-09-23 024







s-2013-09-23 088







s-2013-09-23 058





s-2013-09-23 076






s-2013-09-23 081
                      ↑人が二人、見えるだろうか? 

彼らは融解しかけている氷河の末端(舌)の部分に立っている。氷河は土砂も押し流してくるので、この「舌」の部分には特に土砂が多く混じっている。






s-2013-09-23 106 (2)

(今日の写真はすべて2013/09/23撮影)





2020-10-23 06:52 : スイス二人旅 :

晩秋の風景 隣り村


s-20181111_150915 (5)


日本の秋も美しいけれど、スイスも美しい。

煤けた気持ちを透明にしてくれる「自然」の営みに、心から有難う!を言いたい。


晩秋の風景、今日は「隣り村」篇。






s-20181111_150436 (3)







       s-20181111_150649 (2)










s-20181111_154716 (5)






s-20181111_153921 (3)

(ここまでの写真は2018/11/11撮影)





  

  s-20181016_164137 (3)

  (2018/10/16撮影)


2020-10-22 07:55 : スイスの風景   :
ホーム  次のページ »

お知らせ

最新記事

カレンダー

09 | 2020/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

QRコード

QR

RSSリンクの表示