たった1日で蒸発してしまった雪

2021/02/25

 s-20210120_155516 (2)


        s-20210120_154038 (2)

今年に入ってからは、しょっちゅう雪に降られた「おらが村」。
その降雪も2月初旬には一段と激しくなり、おまけに気温の方も連日マイナスが続いていた。

それが‥‥。
10日ほど前のある日のこと。突然、春が急降下してきたのだ。

スイスでは急激な温度変化というのはとりたてて珍しい現象ではないのだけれど、しかし今回は一つだけブログに書き留めておきたいことがある。

先週の2月15日(月)は、上の写真のようにまだ銀世界だった。で、この日の「おらが村」の最高気温はマイナス1度、最低気温の方はマイナス12度

森の中の小道や草原などはカチンカチンに凍結していた。


 
 s-20210111_163329 (2)




ところがである。その翌日の16日には、何と15日のその気温の数字がそのままプラスになってしまったのである。つまり最低気温がプラス1度、最高気温がプラス12度! 

冷たい北風にかわって南からの温かい風が20Km/hで吹きこんできていたので、魔法をかけられたように、たった1日で村じゅうの雪という雪が蒸発してしまったのだ。

いくら南風の勢いにのせられたとはいえ、あれだけの雪が融けるまでには普通なら3日はかかる。僅か1日で雪が消えてしまうという現象は、いくら「フェーン」で有名なスイスとはいえ、そう頻繁に起こることではない。

21日なんぞは直射日光下の気温を測ったら、プラス44度と出た(もちろん日陰で計測される正式な温度は別だが)。
 

          




          s-20210221_150412 (2)
(直射日光下の外気温44.8度、室内温度23.2度、時刻14:52、日付け2月21日。
ちなみにこの日の日陰での最高気温は18度) 




  




 s-20210220_155350 (2)

  (今日のトップに貼り付けてある写真と、ほぼ同じ場所で撮影↑)





 s-20210217_135026 (2)
 (2021/02/17 「おらが村」にて撮影)



本格的な春到来までには、もう1度くらい冬がやってきそうな気がする。




2021-02-25 08:10 : おらが村 冬&春 :
ホーム

お知らせ

最新記事

カレンダー

01 | 2021/02 | 03
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 - - - - - -

QRコード

QR

RSSリンクの表示