街のカフェで足がつって動けなくなった 私の体験記

  s-20170604_143507 (4)
(隣り村にて 2017/06/04撮影。尚、この↑写真は今日の記事とは関係ありません。)

************



昨日は本当に心臓に悪い日だった。
チューリヒ市内にあるセルフサービスのカフェで、足が吊って動けなくなったのだ。

寝起きに足が吊った経験なら、これまでにも何度かある。痛いよね。
痛いんだけれど、無駄な抵抗はやめてそのままじっと耐えていれば、ものの1分 or 2分ですぐに元通りになる。
少なくともこれまではそうだった。

それが昨日は吊っている時間の最長記録を出してしまったのだ。

と言っても20分くらいなもんだが、それでもやっぱり1分 or 2分に比べると長い。

ことの起こりはこうだ。

列車の時刻が近づいてきたので、その前に行くべきところへ‥‥と立ち上がろうと組んでいた脚を元の位置に下ろそうとした、その瞬間、キター!

それでも私はまだ慌てなかった。これまでの経験から、1分か2分の辛抱で片付くだろうと楽観的にみていたのだ。

5分が過ぎた。

そして10分が過ぎた。

その頃になってようやく、こりゃヤバイんじゃない?と焦り始めた。

さすったり撫でたり揉んだり‥‥。

多分、私のマッサージの仕方が間違っていたのだろうと思う。おさまるどころか、痙攣の痛みが広がってしまったのだ。

イタタタタタ! 心の中で悲鳴を上げた。

あまりの痛さに歯を食いしばり、右手でテーブルの右端を、左手でテーブルの左端を力いっぱい握りしめて、痛みがテーブルに乗り移ってくれればいいのにと念じた。

瞼に浮かんできたのは救急車。
また出番だな、こりゃ。

「また」というのも、持病のせいで既に2度も救急車のお世話になっているからだ。

日本では救急車を呼んでも(普通は)無料らしいけれど、スイスでは最寄りの病院に搬送してもらうだけで、日本円に換算して約10万円も請求される。

足がつったくらいで10万円が飛んで行くのは、やぱりイタい(苦笑)。

タクシーを呼んでもらうかな。1万円はかかるかもしれないが、でも10万円よりは財布のイタミも少なくて済む(苦笑)。

だけど、1歩も歩けないんだよ。タクシーにはタンカーなんてないし、タクシーまでどうやって行くの?

貧乏性のかーちゃんは、あ~でもない、こうでもないと考える。

ハッ! 

ここで気が付いたことが!

そうやってソロバンを弾いている間、足に痛みがあることなど、すっかり忘れていたのだ(笑)。

意識が足に戻ったとたんに、またイタタタタの痛みが復活してきた。

汗びっしょりだ。心臓も波打ってきた。
まじでヤバイと思った。

こうなったら、もう10万円のコースしかないだろう。

またもやテーブルの端をギュッと握りしめた。

どれくらいそうやって耐えていただろうか。


あれっ? ふくらはぎが軽くなってきたんじゃない?

恐る恐る脚を伸ばしてみた。

いけるじゃん。筋肉が柔らかくなっている。もう吊っていない。
やったぁ! 10万円が浮いたぞ。 (^^;

筋肉の痙攣が、本当にウソみたいに消滅していたのだ。

まったく現金なもんだ。私はいそいそと帰り支度を始めた。

で、リュックを背負って立ち去ろうとした時だ。通路が狭くて、長めのサマーセーターの裾についているポケットがテーブルの端に引っかかってしまった。

それを外そうとして、ハッと息を呑んだ。

テーブルの木目がドキドキ波打っているではないか。

少なくとも私の目には、そう見えたのだ。

このテーブル、もしかして私の身代わりになってくれたんじゃないかしら。

~~~~
昨日の私の体験談でした。(^^;


********************

  
こんな強烈な色の残照は久しぶり。私の脚の痛みと同じ色?(笑)

今日の夕方、この部屋の窓からコンデジで撮影。


  s-20180529_213939 (2)

          

ヨーロッパランキング

2018-05-30 09:00 : 【暮らし/衣食経済】 :
« next  ホーム  prev »

ブログランキング&ブログ村

お知らせ

できるだけ多くの人に教えてあげた方がいいような情報や、間違いを指摘して下さったメールなどは、承諾を得た上でブログに転載させていただくこともあります。コメント欄は必要時以外は閉じていることの方が多くなりますが、あしからず。

カレンダー

09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR

RSSリンクの表示