氷河特急に乗って爆睡した日の記憶

【註】いつもなら「氷河急行」と書くところですが、今回は特別な思いもあって「氷河特急」と表記することにします。

s-20180620_111400 (3)

*******
          『氷河特急に乗って爆睡した日の記憶』

私の脳内電気の流れがまだ完全に日本式であった頃、日本の田舎から姉が訪ねて来てくれた。二人でスイス国内の旅に出ることになったのだが、当時の私はまだスイスという国に疎くて姉のガイド役になれる自信がなかった。

そこで夫が、或る旅行社が売りに出していた「バスと氷河特急で行く3日間のスイス周遊の旅」に申し込んでくれた。姉と私以外のツアー参加者は皆スイス人である。

サン・モリッツの5つ星ホテル(団体旅行の長所の一つは高級ホテルに格安で宿泊できること)に1泊した翌日、我々はこのツアーの目玉である氷河特急に乗ってツェルマットに向かった。7時間あまりにも及ぶ列車の旅である。

日本からの旅の疲れもあったのか、姉はサン・モリッツを出発して1時間もしないうちに、ウトウト居眠りを始めた。

「ちょっとぉ、誰も寝てへんで。せっかく来たのに、もったいない」
無情にも私は姉にイエローカードを掲げてしまったのである。

今でこそ日本からのツアー客も、コーチバスや氷河特急の中で居眠りする人は少なくなってきた。デジカメの普及が、日本人の居眠りシンドロームにストップをかけてくれているのではないかと思う。旅に出るたびに私は、車窓から被写体を追っかけている日本のグループの人たちをよくみかける。

だがスマホやデジカメなど皆無の時代に、ツアーで来て乗り物で移動するときの日本人は、その殆どが座席にもたれて居眠りを貪っていた。かく言う私も例外ではなかったのだ。

姉に忠告しておきながら恥ずかしいことに、私も段々マブタが重くなってきた。周りを見回しても、居眠りしているスイス人など誰もいない。皆、目を輝かせ身を乗り出して移り変わる風景を愉しんでいる。

参ったなぁ、と周囲に気を遣いながらも、日本人に特有な居眠りシンドロームに打ち勝つことが出来ないところまできてしまった。

「ちょっと向こうに行ってくる」
眠そうな姉にただそう言い残して、空席の目立つ一つ後ろの車両に移って行った。そうしないとバツが悪いではないか(苦笑)。

だが、その後のことは何ひとつ覚えていないのだ。もうほとんど爆睡モードだったのではないかと想像する。;;;^^;;;


《ここはどこだ?》
すっかり寝ぼけてしまって目を覚ました瞬間には、自分が何をしているのか、どこにいるのかさえよく分からなかった。

窓を開いてみた。
目眩がするほど気持ちの良い風が流れ込んできた。
風に色をつけるなら、まさに緑。緑色の風だ。

列車は深い森の中に停車していた(と、脳の記憶帳にはそう書かれてある)。
車掌がズボンのポケットに手を突っ込んで屋根のないホームに突っ立っていた。

やっと目が覚めて、少しずつ状況が掴めるようになってきた。
我々を乗せた氷河特急は、オーバーアルプ峠で対向列車待ちをしていたのだ。

恥を忍んで言わせてもらうと、またそこからの記憶が見事なほどプッツリと切れている。

姉のいる車両に戻って行ったはずなのだが、覚えていない。終点のツェルマットに到着した後のことはよく覚えているにもかかわらず‥‥。オーバーアルプ峠を出発するや、また眠ってしまったのだろうか?

人の記憶というものは本当にあてにならない。
目に映った情報は脳の中で断片になって一旦、忘却の中に沈み込む。そこから改めて芽を出す記憶というものは、実際とはかけ離れていることが多いらしい。

オーバーアルプ峠駅は2000m余りの高所にある。目覚めた瞬間に私が見たらしい深い森など存在するわけがないのだ(笑)。

多分、極楽から送られてきたエメラルドグリーンの風が、深い森にすり変えて私に記憶させたに違いない。

それにしても、7時間もの氷河特急の旅の中で、ハッキリ記憶に残っているのがオーバーアルプ峠の駅の名前だけとはあまりにも寂し過ぎる。(^^;;; 

一人旅に魅せられるようになってからは、毎年のようにここにやってきて、その貧弱な記憶から温かい芽がでるようにと、一所懸命育てている。(^_-)-☆

最後に一つだけ書いておきたいことが。
このオーバーアルプ峠は、峠越えなどのツーリングをする人にとっては休憩地として有名な場所だが、しかし、風光明媚な名所の多いスイスからすると、とりたてて人にお勧めするほどの眺めはここにはない。

この峠を拠点にするならライン川の源流Toma湖を訪ねるハイキングというメニューもあるが、長くなるので今日はそれには触れない。

***************
【後記】サッカーを連チャンで観たせいか、脳みそがかなりふやけてしまった。
ふやけた後に今日の記事を書き始めたので、乱文や珍文、奇文が多々あると思う。
ご容赦ください。


s-20180620_130827 (4)



s-20180620_121919 (3)

(今日アップした写真は2018年6月20日に撮影)


ヨーロッパランキング

2018-06-25 09:38 : 【エッセイ/二つの国の狭間で】 :
« next  ホーム  prev »

ブログランキング&ブログ村

お知らせ

できるだけ多くの人に教えてあげた方がいいような情報や、間違いを指摘して下さったメールなどは、承諾を得た上でブログに転載させていただくこともあります。コメント欄は必要時以外は閉じていることの方が多くなりますが、あしからず。

カレンダー

08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR

RSSリンクの表示