酷暑47℃!←スペイン南部の明日の予想気温

 s-20180801_140645 (2)

冬の牧草地ですら↑ここまでは酷くならない。但し写真、中央左側は麦を刈った後の色(先日の8月1日(水)に撮影)。




例年なら「おらが村」の牧草地の草も、下の写真のように青々と波打っていて、放牧牛が長閑に草をはむ光景が眺められるのだが、今年は↑ご覧の通り。


 s-20180521_122752 (4)




さて、スイステレビの今日の電子版にヨーロッパの明日の予想気温が出ていた。

それによるとスペインの南部地方では、また今年も47℃にまで上昇しそうだという。


その電子版のサイトのリンクを貼ろうとして、ハタと気がついた。
リンクを貼ってもスイス以外の国からはみることができないのだ(多分)。

画像を引っ張ってこようと何度かトライしてみたのだが、なぜかこの新PCではうまくいかない。

そんなわけで、コンデジで液晶画面から撮影して下にアップという、いつもの悪い流れに。(^^;


          
          (明日金曜日の予想気温)
          s-20180802_200533 (3)


          s-20180802_200403.jpg


去年もスペイン南部では47℃を記録したのを覚えている。テレビのニュースを観て早速ブログに書いたからだ。

(参考までにその記事から部分的に引用しておきたい。)


夕べは家事をしながらテレビのニュスをチラリズムで観ていた。

天気予報のコーナーにくると、欧州の地図の中に47度という数字が見えたので、テレビの前にダッシュ!

スペインの南の方にあるMontoro村だということが判明。

気になったので夕食後にインターネットでチェックしてみた。

チェックした時間が21時だったにもかかわらず、その時のMontoro村の気温が、どひゃ、まだ41度もある! 

夜の9時に、41度‥‥。

だが上には上が。
中東の幾つかの国では、夏の40度~45度くらいは普通の気温に属するらしい。

聞いただけで熱中症になりそう。(^^;

あっ、そうそう。2016年にはインドで気温が51度まで上がり、多くの人が亡くなった。

もしもそんな熱波に直撃されたら、私なんぞダウンジャケットならぬアイスノンジャケットでも着ないことには身が持たない。

まさか50度もの熱波がここ中央ヨーロッパにまで押し寄せてくることはないだろう‥‥とは、もはや誰も言えなくなってきた。

本当にどこかの会社で作ってくれないかなぁ、アイスノンジャケット。 いや、冗談抜きで。

幸い明日は、私の地方ではアイスノンジャケットの出番はなさそうだ。

チューリヒでは最高気温が21度という予報が出ている。

この爽やかな緑の風でジャケットを仕立てて、スペインのMontoro村まで送ってあげることができればいいのになぁ。


(旧ブログ2017/07/15付けの記事からの引用はここまで)


さて、話を明日8月3日(金)の予報に戻すことに。

専門家の話しによると、明日のスペイン南部では1977年7月にギリシアのアテネで観測された欧州最高気温48℃を上回る可能性もあるとか。


そうならないことを、切に切にお祈りします。

スペインやポルトガルに住んでらっしゃる方、心からお見舞い申し上げます。



ヨーロッパランキング

2018-08-03 08:41 : 【暮らし/健康・その他】 :
« next  ホーム  prev »

ブログランキング&ブログ村

お知らせ

できるだけ多くの人に教えてあげた方がいいような情報や、間違いを指摘して下さったメールなどは、承諾を得た上でブログに転載させていただくこともあります。コメント欄は必要時以外は閉じていることの方が多くなりますが、あしからず。

カレンダー

11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR

RSSリンクの表示