4千m級の高山に囲まれたアルプスの真珠「サース・フェー」

               s-s-2013-07-14 042

今日もサース・フェーが続くが、ご容赦ください。
でもこれでオシマイ(笑)。

こうして久々にサース・フェーの写真を眺めていると、また行ってみたくなった。(^^;

周りが4千m級の山々で、その底の山あいの村がサース・フェー。

東西南北、どこに行くにも実に便利。 なので、この村のホテルを拠点にして、夏なら2泊3日もあれば一応主要な山巡り+ハイキングは満喫できると思う。

2013年に撮影した写真の続きをここにアップしておきます。

またお断りしておかないといけない。

写りのよくない写真が殆どです。

だけど、サース・フェー周辺の山々の、だいたいのイメージは掴んで頂けるんじゃないかと。(^^;


で、いつか私の再訪問が実現した暁には(^^;ここに新しい写真をアップして、古い写真と入れ替えるつもり(笑)。




s-2013-07-15 175

ミッテルアラリン(3454m)までは↑ゴンドラや山の地下を走る(あれは何ちゅう乗り物?爆)で行く。で、ここでデッキチェアに寝っ転がって読書をするもよし、おにぎりを頬張るもよし、居眠りするもよし。

上の写真で眼前に見える山はアラリンホルン(4027m)。

アラリンホルンに登るにはもう足しかないが、でももしそのままデッキチェアに寝っ転がっていたいのであれば、アイゼンをつけて登って行く登山者をウオッチングするもよし、写真に撮るもよし。


             s-2013-07-15 168



          s-2013-07-15 146



s-2013-07-15 131


寝っ転がっているのに飽きたら、↓氷河の中に潜って行くのも一案。

            s-2013-07-15 157





************************************



          s-2013-07-14 007

柵も何もない草原を自由に歩き回るヤギたち。
そのうちの1匹が女性の後ろで寝そべっている。
読書に余念のない彼女は恐らく気付いていないと思う。(^^;




          s-s-2013-07-14 008




二人のシニアがこんなところで四方山話に花を咲かせている。

それにしても、雄大な眺めだね。

          s-2013-07-14 011




          お昼寝中の1匹さん。

          s-2013-07-14 033



ここのレストランの「レーシュティ」(スイス独語圏名物のジャガイモ料理)は、とっても美味しかった。お勧め。
          s-2013-07-16 004





s-2013-07-16 086







これは2013年当時の氷河だから↓現在は更に惨めな姿になっているであろうことは、想像に難くない。

s-2013-07-16 100






s-2013-07-15 135




ドイツ人のご夫婦
s-2013-07-16 052

*******************


          「イヤハヤ写真の整理で疲れて もうぐったりや」

          



          s-2013-07-15 003
          (サース・フェーでみっけた猫↑)

ヨーロッパランキング

2018-08-18 07:49 : 【写真/スイスの旅】 :
« next  ホーム  prev »

ブログランキング&ブログ村

お知らせ

できるだけ多くの人に教えてあげた方がいいような情報や、間違いを指摘して下さったメールなどは、承諾を得た上でブログに転載させていただくこともあります。コメント欄は必要時以外は閉じていることの方が多くなりますが、あしからず。

カレンダー

11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR

RSSリンクの表示