37年間の食の好みの移り変わり

  s-2015-10-20 008
  (2015/10/20 レーティッシュ鉄道の車窓から撮影)
********************************


私のスイス暮らしももう37年になる。今ふりかえってみると、その間の食の好みも周期的に変化してきたように思う。


大雑把に要点だけを書くとこうなるかな。

《日本での独身時代の食生活は、95%以上が和食》

(1)スイス時代の初期
和食を欲するも諸々の事情により、脂肪分の多いスイス食オンリーの食生活に。


(2)スイス時代中期の前半
しだいにスイス食が好きになっていく(笑)。特に肉の旨さを大発見。1週間に1回は牛や仔牛、豚などの肉の固まりを夕食に。(^^;


(3)スイス時代中期の後半
インフルエンザで熱を出し寝込んだのを機に「和食がえり」が始まる。

この時代にはチューリヒでも和用の食材が「手頃+α」な値段で手に入るようになる。週に3回~4回はわたし用に和食を、夫用にスイス食を作って「食別居」が始まる。(^^;


(4)スイス時代の後期の前半
苦手なチーズの夕食会(フォンデュ)に断れないファミリーから招待され、泣く泣く参加。これがきっかけでチーズに魅せられていく(何のこっちゃ)。(^^;
チーズを使った料理が多くなるのもこの時期。


(5)スイス時代の後半から現在。
日本滞在中には和食、スイスに帰ってくるとスイス食のスイッチが作動し始める。和食とスイス食、2種類の食事を作るのが次第に面倒くさくなる。(^^;

もちろん週1くらいの割り合いで和食も作ってはいるが、スイスで生活している間は何が何でもというわけではなくなってきた。

**********************************

近い将来、また「和食がえり」が始まるであろうことはもう予測できるのだが、しかしチーズとは縁はきりたくない。

「最後の晩餐」は「フォンデュ」かね?


いやいや、やっぱりアジの開きかサンマの「焼き魚定食」がいいな。(#^.^#)



*************************

  s-2015-10-20 022

  (2015/10/20 列車の窓から撮影)

ヨーロッパランキング

2018-10-02 07:51 : 【暮らし/健康・その他】 :
« next  ホーム  prev »

ブログランキング&ブログ村

お知らせ

できるだけ多くの人に教えてあげた方がいいような情報や、間違いを指摘して下さったメールなどは、承諾を得た上でブログに転載させていただくこともあります。コメント欄は必要時以外は閉じていることの方が多くなりますが、あしからず。

カレンダー

11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR

RSSリンクの表示