公害にもなり得る? 機内で食べるサキイカ

        s-2013-09-24 078
        (2013/09/24撮影)


****************************
もう20年も前の話になるが、当時私は日本の大手新聞社の電子版に、月イチでコラムを書かせてもらっていた。

今日の記事はそのうちの一つで、原題は『ノラ猫が機内で淑女に変身』。

ガラ空きの飛行機の中でサキイカを食べたばっかりに、客室乗務員(スイス人)に不愉快な思いをさせてしまった私の実体験がネタになっている。

ブログにもここ何日間かは、私の食問題について書いてきたばかりだ。今日はコラムをこちらのブログに転載しておく好い機会だと思う。


ただし、あのころはサキイカも日本からスイスに持ち込むことが出来たのだが、現在はEUとのシェンゲン協定により魚介類の輸入は禁止されている。念のため。

(けど、よほど厳しい検査官にあたらなければ、個人が食べる鰹節や缶詰くらいだったら‥‥むにゃむにゃ。(^^;)



        


        *****************************************************
           『ノラ猫が機内で淑女に変身』


一時帰国をして再びこちらに戻る機内でのこと。 

横の並びにも前にも後ろにも誰もいないエコノミークラスの座席で、大好物のサキイカを食べながら、買ったばかりの本に夢中になっていたときだ。

突如、私の鼻先に大きなビニール袋が突き出てきた。

ぎょっとして振り向いた私に、スイス人の客室乗務員が、いまにも泣き出しそうな形相で訴えてきた。

「お願い。それをこの袋に入れていただけません?」

どうやらサキイカのにおいがガランとした客室を通り抜けて、彼女が作業をしている後方にまで流れていったらしい。

「もう一つお願いがあるの。その強烈な臭いに具合が悪くなりそうなので、このビニール袋の中で食べてもらえないでしょうか?」

「えっ?! この袋の中に顔を突っ込んで?」

彼女は申し訳なさそうに頷いた。

なるほど、袋がやけに大きいと思ったら、そういうことだったのか。

ふと、ゴミ袋に頭を突っ込んで餌をあさる、ノラ猫の姿がちらついた。


だが彼女の気持ちも分からないわけではない。サキイカ嫌悪症は私のスイス人の夫にもあるからだ。

私がサキイカを小袋からつまみ出すや、彼は鼻をつまんでそっぽを向く。

そのくせ私には腐敗臭としか思えない田舎のチーズのにおいには目を細めるのだ。


昔、18歳までの食体験がその人の嗜好を決めるという話を何かで読んだ記憶がある。

スイスの片田舎で育った夫が初めて海の魚を口にしたのは、十代も終わり頃だったという。

そのときのイワシのにおいにショックを受けて、クセのある海の魚は今でも食べることができない。

一方、私の故郷は海に面した小さな村。魚介類は食べ放題だったが、チーズはおろかバターの味すら知らずに大きくなった。私の原体験は夫とはまったく対照的である。

スルメイカなど、おしゃぶり代わりになめさせられていたくらいだ。


スイスで暮らすことになったとき、まず頭に浮かんだのが肉食。子どもの頃からの食習慣が抜けず、大人になってからも肉など滅多なことでは口にしなかった私には大きな不安材料だった。


ところが意外や意外。息を止めて、せーので口に放りこんでいた乾燥肉の味にも、気がついたらちゃっかり順応していたのである。

それどころか肉の虜になった時期さえあったほどだ。

あのままいけば、スイス人の味覚に近づけたであろうに‥‥。

やはり甘かった。

こちらで暮らして15年ほどが過ぎた頃、嗜好が向きを変えてレトロの道を歩き始めたのだ。インフルエンザに罹って高熱を出したことが引き金になったらしい。

それからというもの、事ある毎に好みが子どもの頃に近づいて行く。

空の長旅でサキイカをしゃぶりたくなるのも、そのあらわれだったのかもしれない。


来年もまた一時帰国の予定だが、機内でスイス人を泣かせるのはもう忍びない。 

かといって、袋をかぶってノラ猫になる勇気もない。 

こうなったら猫をかぶって淑女を決め込むしかないだろう。



          s-DSC00089.jpg


ヨーロッパランキング

2018-10-03 08:41 : 【エッセイ/二つの国の狭間で】 :
« next  ホーム  prev »

ブログランキング&ブログ村

お知らせ

できるだけ多くの人に教えてあげた方がいいような情報や、間違いを指摘して下さったメールなどは、承諾を得た上でブログに転載させていただくこともあります。コメント欄は必要時以外は閉じていることの方が多くなりますが、あしからず。

カレンダー

11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR

RSSリンクの表示