我が家だけの変わったトマトソース

 s-2015-10-04 024
 (「おらが村」にて)

          s-20180815_205016 (2)

          s-20180815_205412 (2)


(日本では和食で通していたことは、既に別の記事でお話した。)

そういうわけで私はスパゲティすら日本で食べたことがなかったのである。それが今じゃあ(夫に飼い慣らされてしまったんだろうな)好きになってしまった(笑)

夫は出来合いのトマトソースや缶詰のトマトが好きではないので、トマトを煮るところから始めるわけだが、実はこちらの料理はトマトソースだけでなく、すべて結婚当初に夫から教えてもらったものばかりなのだ。

夫が先生でコック長、私は生徒で助手。この辺からもう我々は、変てこりんな夫婦だったわけで‥‥。(^^;

夫は子供の頃、妹と一緒に母親が作るのを見たり手伝ったりしながら料理の仕方を覚えたという。


で、母親はトマトソースを作るとき、トマトの皮を湯剥きすることも濾すこともせず、そのままグツグツ煮ていた。

理由は「子だくさん」だったことが一つ。

あの時代の例に漏れず、両親は経済的な余裕があまりなかったようで、5人の子どもたちに食べさせていくだけで一所懸命だったらしい。トマトソースも皮ごと煮ると、ソースの量が増えるわけだ。(^^;

それに「トマトの皮にだって栄養がある」というのが義母の持論だった。

          

妻が夫から教えてもらったトマトソースにも皮が入っていた。それを妻は、トマトソースとはそういうもんなんだと思っていたらしい(←私のこと W)。

濾すのが主流と気がついたときには、もう「皮ごとソース」にハマっていたのだ。トマトの皮も一緒にグツグツ煮たソースでなきゃ、もう私の舌が満足してくれなくなっていたのである(笑)。


名付けて「貧乏性夫婦のトマトソース(^^;」 (でも美味しいよ。騙されたと思って一度作ってごらん♪)




トマトソースに使用する調味料。日本の↓食卓塩も(笑)。中身はこちらの塩 
他にニンニクとブイヨン


 s-20180816_173817 (3)




          s-20180816_185112 (2)


          s-20180816_183514 (2)



          s-20180816_185549 (3)



          s-20180816_190200 (2)




残りはタッパーに入れて冷凍庫へ。
若い頃はその都度、食べる分量だけを作っておしまいにしていたのだが、最近は私も無精をするのが趣味になってしまったようで‥‥。(^^;


          s-20180816_194810 (2)







 



 s-2015-10-17 003




ヨーロッパランキング

2018-11-09 09:37 : 【暮らし/衣食経済】 :
« next  ホーム  prev »

ブログランキング&ブログ村

お知らせ

できるだけ多くの人に教えてあげた方がいいような情報や、間違いを指摘して下さったメールなどは、承諾を得た上でブログに転載させていただくこともあります。コメント欄は必要時以外は閉じていることの方が多くなりますが、あしからず。

カレンダー

11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR

RSSリンクの表示