クリスマスツリー


s-2014-11-27 050


「次の日程で『(生)モミの木』の販売をします」

12月に入ると「おらが村」では毎年、こんなお知らせが届く。12月23日限定販売という年もあったが、たいていは2日か3日は売り出してくれる。

スイスでは12月24日のイブの日に、(生)モミの木のクリスマスツリーを飾り付けるのが昔ながらの伝統だ。

我が家でもモミの木を購入するのはイブの前日か、年によっては前々日と決まっていた。 

うちに持ち帰ると木の切り口を水につけて、先ずは地下室かバルコニーに置いておく。で、24日のイブの日に部屋に運び込んで飾りつけるのを習慣にしていた。

「いた」と過去形で書いたのは、今住んでいる村に引っ越して来てからは飾る気力が湧いてこないからだ。

我が家がチューリヒ市の一軒家で暮らしていた頃は、毎年のように我が家でクリスマスの家族パーティーを開催していた。その度に大きな生モミの木を買ってきて、居間にどーんと据えた。

来客からは「うわ~、今年のツリーもきれいね」と褒められ拍手を受ける。

夫も私も単純だから、また次の年のパーティでも大きな生モミの木をどーんと据える。また拍手を受ける(笑)。

だが一軒家を出て今の分譲アパートに移ってからは、我が家が家族パーティの会場になることも、もうなくなった。なくなった途端にやる気も失せてしまった。

生モミの木を飾り付けるには、やる気が必要なのだ。やる気を出すには、お客さまの拍手や応援が必要なのである(爆)♪^^; 


 s-20181124_130052 (2)
高さ15メートルの生モミの木に7000個ものクリスタルがぶら下がっている↑ 
チューリヒ中央駅のクリスマスマーケットの会場にて2018年11月下旬に撮影

 




          s-2014-11-27 010
 





 s-2014-11-19 002

伝統に則ったクリスマス行事は、今年の場合、次の日曜日から始まる。

今日の写真は2014年と2018年の11月下旬にチューリヒ市内で撮影





2020-11-24 07:51 : 暮らしの写真 :
« next  ホーム  prev »

お知らせ

最新記事

カレンダー

04 | 2021/05 | 06
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

QRコード

QR

RSSリンクの表示