生モミの木のクリスマスツリー

2年前に一度公開した記事だが、ちょうど今、隣町の広場で生モミの木の販売が行われているので、この機会に再更新しておきたい。

*****************************************************           
            s-20161216-164025.jpg






s-20181220_132651 (2)


スーパーマーケットでは、もう2週間も前から売られている生のモミの木。うちの隣り町では今日が売り出しの初日。そしてイブの日が最終日になる。

今日は新鮮なモミの木の香りに浸りたくて、わざわざバスで販売所の広場まで出かけて行った。

木々の間をゆっくりゆっくり深呼吸しながら歩いていると、モミの木の上品な青い芳香が立ち上がってくるのが分かる。それを吸い込むたびに幸せホルモンが増殖していく。

今度は風下に立って目を閉じてみる。
深呼吸をするたびに身体が軽くなっていく。

私はもう森の中にいる。(^^;
       s-20181220_133852 (3)


モミの木はサイズだけでなく、枝や葉のつき具合によっても値段が違ってくるらしい。2メートルくらいの高さで、円に換算すると6千円から8千円くらいかな。

バスの中にも持ち込めるように、ネットに入れてコンパクトに束ねてもらえる。

         s-20181220_134056 (2)
          

でもやっぱり大きいや。私には抱えきれない。もちろん1mくらいのもある。
         s-20161217-121449.jpg


ここのモミの木マーケットでは木彫りの作品も売っている。

作者は下の写真の男性。1枚目の写真の撮影は2013年の12月21日。
その下の写真は、5年後の2018年12月20日に再び彼を撮影。 

5年なんてあっという間に過ぎるような気がするのだけれど、それでも写真を見比べてみると、やっぱりそれなりの歳月を感じる。

          s-2013-12-21 001


        s-20181220_145334 (3)

下の写真の鷲(or 鷹?)の彫刻は、まだ彫り始めたばかりで未完成だという。
夕べは夜なべをして彫っていたと彼。

顔を近づけて鼻をクンクンさせてみた。
ヒヤ~、いい香り(^^♪
だけど、どう表現すればいいんだ?
割ったばかりの薪の匂いとはまた違う。
何か甘い香りが入っている。
それも透明な甘さだ。 
深い森の中の朝の空気に青緑色のそよかぜが融け込んだ甘さというか‥‥。
≪ずっと傍でこの香りに浸っていたい≫
そんな気持ちにさせてくれる甘さでもある。

木の名前を彼に訊くと「赤モミの木」という答えが返ってきた。
小さく見えるが、180cmはあるだろう。もちろん、私より遥かに高い。

           s-20161217-124240.jpg



        下の作品は完成品。        

        s-20161217-122130.jpg


        s-20161217-124037.jpg







2020-12-19 07:43 : 暮らしの写真 :
« next  ホーム  prev »

お知らせ

最新記事

カレンダー

04 | 2021/05 | 06
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

QRコード

QR

RSSリンクの表示