新型コロナウイルス・スパイクの変異種


ウイルスにしょっちゅう変異が起きることは誰でも知っている。
新型コロナウイルスでも例外ではない。

しかし最も重要な場所スパイクにさえ変異が起きなければ、深刻にならなくてもよいと聞いていた。

ところが今回は深刻にならざるを得ない事態になってしまった。

そのスパイクの突然変異によっては細胞にくっつきにくくなってしまう場合もあるらしいのだけれど、今回の変異では、我々にとっては不幸なことに(ウイルス側にとっては都合のよいことに)くっつきやすくなってしまった。

これまでだって十分感染力は強烈だったのに、それを超える感染力で増殖なんかされたら、うちら命が幾つあっても足りまへん。


しかし、一つだけ朗報が。
ワクチンには問題ない、つまり効くという専門家たちが多いことだ。

私は大人になってからはワクチンなど打った試しがないのだけれど、今回ばかりは「ワクチン嫌い」では済まされそうにないので受けようと思っている。

でないと、母国日本が月よりも遠い存在になってしまいそうだから。

もっともワクチン接種で、月よりも遠いところに飛ばされてしまうかもしれないというリスクは、この際考えないことにして‥‥。(^^; 



 

 s-2015-03-28 008 (2)
 (羽田空港の滑走路)



 




 s-2015-03-28 016 (3)
 (日本の中央アルプスあたりの山並み? まったく自信なし (^^;)

 


(今日の写真2枚は2015年3月28日、羽田を飛び立って欧州に戻る機内から撮影)
2020-12-22 07:07 : その他 :
« next  ホーム  prev »

お知らせ

最新記事

カレンダー

04 | 2021/05 | 06
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

QRコード

QR

RSSリンクの表示